このページの本文へ

ASCII.jpと読者で作る!ビジネスメールのデファクト・ルール!2013年度版 第5回

なぜGmailが便利なのか、ビジネスで使うメリット

2013年08月07日 11時00分更新

文● 岡安 学

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

相手もGmailだと添付ファイル容量もわかる

 第2回のテーマとなったのは、添付ファイルの容量。Ascii.jpのデファクト・ルールとしては4MBまでと提案をしているが、お互いがGmailだとわかりやすい。

ファイルを添付すると容量が表示される

25MBを超えた場合、アラートが表示される

 現在、Gmailはメールサイズ(添付だけでなくメールそのものも含む)は25MBまで。もちろん、相手がGmailであれば、受けられるメールの添付ファイル容量も一緒。容量オーバーの場合はアラートが表示されるので、安心して添付ファイルを送ることができる。

 第1回のテーマであったZipファイルの件に関してもある程度対応できる。メールアドレスがGmailだということだけでは、パソコンで受けるかスマートフォンで受けるかは判断しかねるので、Zipファイルを使えるかどうかは受け取る相手次第。ただ、圧縮せずに送る場合は、Gmailの表示機能で見ることができる添付ファイルの種類は確認できる。

Gmail上で確認できるファイルの種類
拡張子 ファイルの種類
.pdf PDFファイル
.doc Microsoft Word
.xls Microsoft Excel
.ppt Microsoft Powerpoint
.rtf リッチテキストフォーマット
.sxw OpenOfiice Writer
.sxc OpenOfiice Calc
.sxi OpenOffice Impress
.sdw Studyaid D.B.
.sdc StarCalc
.sdd Impress Document
.wml テキストファイル

 パソコンやスタホなどに悪意のあるソフトウェアがダウンロードされないよう、Gmailはウィルスに対するセキュリティ対策を実行している。その一環として送受信できないファイルの種類がある。これは危険な実行コードを含む可能性のある実行ファイル(拡張子が .exe のファイルなど)などだ。また、破損したファイルや適切に機能しないファイルの送受信はできない。

Gmailで送受信できないファイル

.ade, .adp, .bat, .chm, .cmd, .com, .cpl, .exe, .hta, .ins, .isp, .jse, .lib, .mde, .msc, .msp, .mst, .pif, .scr, .sct, .shb, .sys, .vb, .vbe, .vbs, .vxd, .wsc, .wsf, .wsh

Gmailで利用できない圧縮形式

 .zip, .tar, .tgz, .taz, .z, .gz, .rar

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ