このページの本文へ

Corsair「Carbide Air 540」、「Carbide 330R」

Corsairが記者発表会で新型PCケース2製品を披露

2013年07月25日 22時32分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Corsairが都内で記者発表会を開催し、PCケースの新製品を「Carbide Air 540」と「Carbide 330R」を披露した。どちらもCOMPUTEX TAIPEI 2013で展示されていたものだ。

秋葉原で行なわれた「Corsair記者発表会」

「Carbide Air 540」

 中央に搭載したマザーボードが内部を仕切るような構造で、向かって左サイドにマザーボードや拡張カード類、右サイドに電源ユニットやドライブ類を搭載するキューブ型ケース。今週発売予定で想定売価は1万8000円前後。

キューブ型ケースの「Carbide Air 540」
向かって左サイドにマザーボードや拡張カード類を搭載。底面に3.5インチベイを用意している右サイドには、電源ユニットや5インチおよび2.5インチドライブ類を入れる構造

「Carbide 330R」

 「Carbide 300R」の静音モデルで、両開き対応のフロントドアには防音シートを張り付けてある。サイドパネルやトップにも同様に防音シートを装着する。今週発売予定で想定売価は1万2500円前後。

静音ケースの「Carbide 330R」。ヒンジの付け替えで、フロントカバーの開閉方向を変更できる
ベイ数は5インチ×3、3.5インチ×4。マザーはE-ATXからMini-ITXまで対応するフロント・サイド・トップの各パネル裏側に吸音材を装備

オーバークロッカーDuck氏による
液体窒素冷却デモ

 記者発表会のあとは、オーバークロッカーDuck氏による液体窒素冷却デモが行なわれた。Corsair製メモリーのパフォーマンスを見るデモで、メモリーは、まだ世界に数十枚しかないDDR3-3000対応の「CML8GX3M2A3000C12R」が2枚使われた。CPUコアは全コア有効、その他もすべてデフォルト設定でオーバークロックに挑んだ。

オーバークロッカーDuck氏による液体窒素冷却デモ。メモリークロック3406MHzで3DMark11が完走していた
オーバークロックには、まだ世界に数十枚しかないDDR3-3000対応メモリー「CML8GX3M2A3000C12R」を使用。チップ(HynixのMFR)の供給が追いつかず量産できないため、今のところ市販の予定はないという

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中