このページの本文へ

タブレットやスマートフォンを強化する!

最新NFC対応ワイヤレスキーボードを比較したゾ!

2013年07月26日 12時00分更新

文● コヤマタカヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バッファロー「BSKBB13BK」。幅245×奥行120×高さ18mm

約160gと軽く携帯性にも優れたバッファローの「BSKBB13BK」

 まず、最初に紹介するのがバッファローのBluetoothキーボードだ。Windows、Androidタブレットはもちろん、iOS機器やプレイステーション3との接続にも対応しているのが特徴。単四電池で駆動でき、タブレット端末と比べてもコンパクト。重さも約160g(電池含まず)と軽いため、タブレット端末と一緒に携帯するのも苦にはならなそうだ。

 NFCタグを内蔵し、NFC対応のタブレット端末などをかざすだけで、Bluetoothのペアリング設定が可能。なかでもWindowsタブレットは自動接続ができる。Android機器は製品によって動作が異なる。Bluetoothの設定画面を表示し、ペアリングを手動で設定する必要があるモデルと、Windowsタブレットと同様に自動接続できるモデルがある。

 タイピングしてみた感想としては、キーストロークが2mmあるため、打鍵感はしっかりと感じられた。しかし、キートップが完全にフラットで、隣りあうキーとの間が狭いため、ミスタイプしやすいのが気になった。ただし、ポータブルサイズながら6段配列キーを採用しているのは好感が持てる。ファンクションキーをショートカットに多用するスタイルでもスマートに使えそうだ。

NFCタグはキーボード右上に装備。側面にある電源ボタンを押すと待機状態となる

キーピッチは16mm。ほとんどのキーはほぼ正方形で、縦横方向ともに狭いといったことはない

Windows 8タブレットとは、NFCを利用することで、特別な操作はなく、スムーズに接続できた

Xperia Tablet ZではNFCでの自動接続はできず、Bluetoothキーボードとしての接続手順が必要だった

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン