このページの本文へ

アスキースマホ総研 第7回

夏だ! 海だ! レジャーでスマホカメラ最強使いこなし術!

2013年08月06日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

意外と知らないスマホカメラの撮影テク
ここに気をつければ大丈夫!

スピーディー 葛西臨海公園に着きました。潮風が気持ちいいですね。

ドロイド 京都人の自分の場合、潮の匂いがすると、地の果てに来たなあという感じがしてしまいますけど。子供の頃に家族で泳ぎに行ったのは琵琶湖だし。

カリー 明石に飛ばされた光源氏気取りですか! でも、ここ遊泳禁止って書いてあるじゃないですか!

ドロイド まあ、そもそも水着持ってきてないし、覆面被ったまま海に入る気だったのですか!?

スピーディー まあまあ。海の景色は立派なんだから、さっそくスマホで写真を撮ってみましょうよ。

ドロイド スマホで写真撮影するのは今や当たり前ですが、肝心なときにうまく撮れなかったり、コツを掴むのに悩んでいるという人も多いと思うんです。そこで、今回は本連載の写真をいつも撮っていただいているプロカメラマンさんにいくつか基本テクを聞いてきました。

カリー さすがドロイドさん! できるマスク!

iPhoneは画面から指を離した瞬間にシャッター
一呼吸を置いて離すと◎

ドロイド まず、シャッターがいつ動作するかを知ることですね。たとえば、GALAXY S4とiPhone 5は、ボタンを押した瞬間ではなく、ボタンから指を離したときに動作するんです。よくカメラのシャッターを切るようにボタンを叩いている人を見ますが、あれは手ブレのもとですね。

押す、というよりも、離す、という動作でシャッターが切れることを覚えておこう

スピーディー 手ブレを防ぐためにはシャッターボタンを押しっぱなしして、シャッターチャンスでスッと離して撮影するのがコツになるんですね。ただ、操作方法は機種によって違うんです。たとえば、HTC J Oneはボタンを押した瞬間にシャッターを切るので、そこは注意が必要かな。

カリー ちなみにiPhoneの場合、本体側面の「+」や「-」のボリュームボタン、さらには純正イヤホンのボリュームボタンもシャッターとして使用できますよ。シャッターボタンが押しにくいという人にはこちらも試してみるといいと思います。

ドロイド さらに設定可能な機種なら、「補助グリッド」の表示をONに設定しておきましょうとのこと。プロカメラマンと素人の大きな差はフレーミングですが、補助グリッドがあるだけで、いい構図の写真が断然撮りやすくなるとのこと。

補助グリッドがあると、撮りたい構図をイメージしやすい

スピーディー あと、風景写真などは水平、垂直でないと画面で見た時に違和感がある。それを防ぐためには、水準器を表示して、カメラの水平垂直がしっかりと保たれていることを確認できるアプリ、例えばiPhone用であれば「ProCamera」などを使ってみるといいとのこと。Android用にもいろいろありますよ。

撮影時に水準器を表示できるカメラアプリは結構ある

ProCamera App
価格450円 作者Cocologics
バージョン4.1 ファイル容量24.1 MB
カテゴリー写真/ビデオ 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降

HDR機能を使って
明るい場所、暗い場所でもバランスのいい写真を撮る

カリー 個人的にスマホのカメラで困っているのが、夏場の逆光や夜の暗い場所。オート設定だと明るい部分が白くなりすぎたり、逆に明るいところが真っ黒になったりで、なかなかいいバランスにならない。

日差しが強い場所や暗い場所ではHDRをオンにしてみよう。最近のスマホであればiPhone、Androidを問わず、多くが対応している

ドロイド そこで使いたいのがHDR(ハイダイナミックレンジ)合成機能。露出を変えた複数の写真を連写し、フレーム内の明るい部分と暗い部分それぞれで適正露出になっている画像を合成することで、ちょうどいいバランスの写真を撮影してくれます。

これがHDRオフの状態。空の明るさに露出が合っているため、人物が暗くなってしまう

これがHDRをオンにして撮影したもの。人物も明るく撮影できている

カリー これはいいことを聞きました。照りつける日差しの中とか、夜景でちょっと暗いところとか、リア充的には外で撮り逃したくないシーンは多いですからね。

スピーディー こんな格好をしている俺たちが、リア充を語ってもねえ。

ドロイド そもそもカリーさんがスマホで撮る写真なんて、記事で使うものか、カレーの写真をSNSに貼るくらいでしょ。

カリー ぐぬぬ。反論できない……。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン