このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

スマホの利用料を劇的に安くする!

月額980円の激安SIM「OCN モバイル エントリー d LTE 980」のお得さと実用性を検証する!

2013年08月09日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「OCN モバイル エントリー d LTE 980」はこう使え!

 少しでも通信費を安く抑えたい、でも回線速度は妥協したくないという人にこそ「OCN モバイル エントリー d LTE 980」がオススメという点についてはお分かりいただけたと思う。これまで使っていた電話番号やSMSのアドレスを残すのであればスマホとガラケーの2台持ちがベストな選択肢だが、もちろんそれ以外での運用方法もアリだ。

 たとえば、新しいスマホやタブレットをもう1台追加する場合。ドコモの場合は2台目以降のXi端末に適用可能な「プラスXi割」を利用することで月々の基本使用料が2980円(申し込みから25ヵ月目まで)になるが、それでも「OCN モバイル エントリー d LTE 980」の980円のほうが断然安い。2台のうちどちらかのプランを変更することで、トータルの通信費を安く抑えられるはずだ。なおタブレットで利用する場合はグーグルの「Nexus 7」やASUSの「Phonepad」など、SIMフリーなセルラーモデルを用意しよう。もちろん、ドコモのタブレットでも利用可能だ。

 子どものために「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を利用する手もある。3G通信対応のゲーム機やお古のスマホに装着して渡せば、通信費を気にすることもない。30MBの転送量制限が、アプリのダウンロードやネットの使いすぎを抑制できるという考え方もできるだろう。

 高速で安定したドコモの回線を利用するMVNOサービスにおいて、「OCN モバイル エントリー d LTE 980」の1日あたり30MBというデータ通信量はかなり特殊な仕様だ。他社サービスでは月単位で転送量が決められていることが多いが、毎日スマホでネットを利用すると考えれば、日単位で転送量をリセットするほうが理にかなっているのかもしれない。転送量をオーバーしても、通信速度は日常的な作業には十分。翌日にはふたたび高速通信を利用できるので、気軽に使うことができる。

 これから激安データ通信SIMを試してみようという人は、ぜひ「OCN モバイル エントリー d LTE 980」を試してみるといいだろう。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン