このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

評価キットを提供中のシステナに聞く

Tizenは海外勢に押される日本のモノづくりを復権するのか

2013年07月23日 08時00分更新

文● 小山安博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

システナが開発したTizen搭載タブレット

 iOS、Androidに続く「第3のOS」として期待されるオープンソースOSが「Tizen」だ。Tizenは、Linux Foundationが開発、Tizen Associationがビジネス化を検討しており、まずはスマートフォン向けにOSを投入していく計画だ。

 このスマートフォン向けTizenを利用して、タブレット端末を発表したのがシステナだ。10.1インチフルHD液晶を搭載し、Tizen 2.0を搭載した「日本初」のTizenタブレットとなる。

 今回、このTizenタブレットを開発した同社に、開発者としてTizenの現状と今後について話を聞いた。

話を伺った(右から)システナ専務取締役の淵之上勝弘氏、プロダクトソリューション本部R&Dグループ部長の村田一弘氏、同シニアエキスパートの杉山新氏、IDY代表取締役社長の本田和明氏

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ