このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第49回

2013年夏のコンパクトスマホの王者を決める!

2013年07月22日 14時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

同梱アダプターを使ってmicroSDを装着
DIGNO R

 手に持つと非常に軽いのがわかる。3機種中でも群を抜いている。本体前面のホームキーなどはディスプレー表示タイプ。

 上部にはカバーレスのイヤホンジャック、下部にもむき出しのmicroUSB端子が配置されている。右側面には半円の形をした電源、音量ボタンがあり、左側面にはSIMカードのスロットとストラップホールがある。

 SIMカードのスロットは同梱の専用ツール(ピン)で取り出す。かなり深いスロットで普通のピンでは取り出しにくい。背面はサラッとした質感で指紋が目立たない。ただしリアカバーは外れず、電池の取り出しもできない。

 またアダプターが2種類同梱し、ひとつはワンセグのアンテナ用。コンパクトにするためとはいえ持ち歩きは不便である。もうひとつはなんと「microSDカード」用。DIGNO RにはmicroSDカードのスロットが無く、そこでmicroUSBに同梱のリーダーを取り付けてSDカードと接続する。

 ギミックとしては面白いが、microSDカードが内蔵できない点は若干のマイナスになるだろう。

メインキーはディスプレー表示タイプ。少しでも軽量化するためか、イヤホン/microUSBともカバーは無い

クリック感のある側面キー。左側面にはSIMスロットがある。専用ピン無しではまず取り出せない

microSDカードは内蔵できず、付属のカードリーダー経由でアクセスする形

DIGNO Rが安い!
“非ツートップ“のドコモ2機種は実質価格が……

 最後は料金をチェックしていく。

 いつものように新規契約と機種変更の本体価格を、各社のオンラインショップを参考に掲載している。各社本体購入時の毎月の割引サービスも加味し、主な割引サービスには加入していることを想定して、2年のトータルコストを求めた。

  AQUOS PHONE si Optimus it DIGNO R
一括価格
(新規/機種変更)
6万7200円/同 6万7200円/同 2万3520円
/3万720円
実質価格
(新規/機種変更)
3万1920円
/3万6960円
3万1920円
/3万6960円
0円/同
ISP spモード spモード S!ベーシックパック
315円 315円 315円
基本使用料 タイプXi にねん タイプXi にねん ホワイトプラン
780円 780円 980円
通話料 21円/30秒 21円/30秒 21円/30秒
パケット定額 Xiパケ・ホーダイ ライト Xiパケ・ホーダイ ライト パケットし放題フラット for 4G
4935円 4935円 5460円
2年間トータルコスト 17万6640円~ 17万6640円~ 16万2120円~

 結果、DIGNO Rがもっとも安かった。DIGNO Rは端末価格が一括で2万円台なので、もともとDIGNO Rは安くなっているのだが、さらに実質価格は0円というのが大きい。一方ドコモの2機種はどちらも同じ17万6640円。

 前サイクルで比較した(関連記事)、Xperia A/GALAXY S4よりも本体価格は安いものの、“ツートップ”に選ばれていないこともあり、毎月の割引額(月々サポート)で大きな差があり、実質3万1920円(新規契約時)。

 月々サポートの額は今回の2機種が月1470円なのに対し、ツートップは月3000円前後。この差は本当に大きい。ただし、「はじめてのスマホ割」などのキャンペーンも充実しているので、うまく活用することで安く購入することは可能だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン