このページの本文へ

「REFROID」

コスパに優れた1万5800円のフルタワーPCケースが今週発売予定

2013年07月16日 23時38分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ゼノンからコストパフォーマンスに優れたフルタワーサイズのPCケース「REFROID」(型番:XE-6238B-JP)が登場した。

コストパフォーマンスに優れたフルタワーサイズのPCケース「REFROID」がゼノンから登場。合計6個の冷却ファンに対応するファンコンを装備。ツクモパソコン本店による予価は1万5800円だ

 XL-ATXフォームファクターまで収納可能なフルタワーサイズでありながら、今週入荷予定のツクモパソコン本店による予価は1万5800円と、コストパフォーマンスに優れたのが特徴の製品。
 主なスペックは、サイズが232(W)×520(D)×610(H)mm、重量14.2kg。ベイ数は5インチ×6、3.5インチ×1(5インチ×1排他)、2.5/3.5インチ共用シャドウベイ×6。ビデオカードは長さ330mmまで、CPUクーラー高は185mmまで、電源ユニットは奥行き185mmまでに対応する。
 また冷却ファンはフロントに230mm×1、リアに140mm×1が標準搭載されるほか、トップに120mm×2または140mm×2または30mm×1、底面に120mm×1または140mm×1、左サイドパネルに120mm×4または200mm×1または220mm×1または230mm×1をオプションで搭載可能だ。
 発売は19日頃を予定している。

内部は広々。マザーボードトレイがホワイトカラーという点が特徴的。なお筐体底部には、ファンフィルターを搭載している

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中