このページの本文へ

【週刊アップル】iPhone、Mac、iPad関連の1週間(7/5~7/11)

2013年07月16日 07時00分更新

花田祐輔(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5日(金)
・アップル、画期的な次世代イヤホン登場か

米国時間4日に米特許商標事務所がアップルから出願された、イヤホンに関する特許を認可したと、米メディアのAppleInsiderが報じた。マイクや電気的な内蔵装置によって収集したインビーダンスデータとシール品質に基づいてオーディオ出力を調整するインナーイヤー型のヘッドホンに関する特許で、将来的にユーザーそれぞれの耳の形状に応じて、イヤホンから出力される音質がカスタマイズされる。

・「iWatch」中国で他社がすでに商標登録か
日本を含む世界各地で商標登録申請されているアップルの「iWatch」が、中国本土ではすでに9社が登録しており、アップルとトラブルになる可能性があると現地メディア報道。

10日(水)
・次期iPhoneにスローモーション機能搭載か

今年9月頃の発売が予想されている米アップルの次期iPhoneにスローモーション機能が搭載されるのではないかと、米メディア9to5Macが9日(現地時間)に報じている。記事によれば、最新のiOSベータ版の内部に、病患120コマの高速撮影に対応する「Mogul」というコードネームの新しいカメラ撮影機能が見つかったとしている。

11日(木)
・App Storeが5周年、特設ページを開設

米アップルはアプリストア「App Store」の開設5周年を記念して、11日に特設ページを開設。App Storeの歴史を振り返るタイムラインを用意したほか、iOS向けアプリやゲームを無料で提供する期間限定のキャンペーンを開始した。

・電子書籍販売で反トラスト法違反
電子書籍の販売で米アップルと出版社大手5社と共謀して価格をつり上げたとして訴えられていた裁判で、米連邦地裁は10日(現地時間)、アップルが独占禁止法(反トラスト法)に違反したとの判断を示したことを複数メディアが報じた。

カテゴリートップへ

ピックアップ