このページの本文へ

重複排除バックアップ可能な「HP StorOnce VSA」も発表

フラッシュに最適化!オールSSDの「HP 3PAR StoreServ 7450」

2013年07月16日 09時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月12日、オールSSDのストレージアレイ「HP 3PAR StoreServ 7450」の販売を開始した。フラッシュに最適化されたアーキテクチャ、コントローラ、ソフトウェアを採用した結果、同等構成の従来機比でIOPS性能が40%向上している。

HP 3PAR StoreServ 7450

 3PAR StoreServ 7450には2ノードと4ノードのモデルが用意されており、SSDも100GB SLC、200GB SLC、400GB MLCから選択できる。

 オールSSD構成に最適化されたアーキテクチャやコントローラ、ソフトウェアを採用し、独自の「アダプティブ・リード/ライト」「自律キャッシュ・オフロード」「マルチテナントI/Oプロセッシング」技術を搭載。既存モデル「StoreServ 7400」を同等構成した場合と比較して40%の性能向上となる55万4000IOPSを、0.7ミリ秒のレイテンシで提供するとしている。

 また、新ソフトウェア「Priority Optimization」により性能QoS機能を提供。テナント、アプリケーションごとに異なるサービスレベルを設定することが可能で、マルチテナント環境においても性能劣化を抑えることができる。

 HP 3PAR StoreServ 7450の税込参考価格は1407万4200円から。

 HPは同日、重複排除バックアップ機能を備えた仮想ストレージアプライアンス製品「HP StorOnce VSA」も発表している。VMware上で動作し、x86サーバの内蔵/外付けストレージに10TBまでのバックアップができるため、大幅なコスト削減が可能。「HP StoreOnce Backup」アプライアンス製品との連携運用もできる。

 HP StorOnce VSAの税込参考価格は、10TB/3年間使用権が47万2500円となっている。7月23日より販売を開始する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ