このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第312回

OM-Dで撮る古い街並みに溶け込む猫たち

2013年07月12日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

温かいところにいる猫は逃げない!?

中央下、タイヤの横くらいに猫がくつろいでるのが見える。望遠レンズを持ってなかったのでこんな感じだけど、このくらいの方が猫がいる場所がよくわかっていい(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)
中央下、タイヤの横くらいに猫がくつろいでるのが見える。望遠レンズを持ってなかったのでこんな感じだけど、このくらいの方が猫がいる場所がよくわかっていい(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)

 さて今回はもう1匹偶然出会った猫がいた。朝の渋温泉をカメラを手に散歩してたときのこと、山沿いの少し高い道を歩いてると、斜面でくつろいでる猫を発見。

下からそっと回ってみると、気配でバレました。さすが猫。右手が温泉街にある9個の共同浴場のひとつで温泉でぬくぬく(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)
下からそっと回ってみると、気配でバレました。さすが猫。右手が温泉街にある9個の共同浴場のひとつで温泉でぬくぬく(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)

 さすがに降りて行ける場所ではなかったのでぐるっと遠回りして下から覗いてみると、共同浴場(温泉街にはよくある)のすぐ奥で発見。

 温泉街の猫は浴場脇の温かいところにいるもんなんだなあと感心しつつ、近くで撮らせてもらう。

近づいたらその場でゴロゴロところがりはじめた。このワイルドな感じが古い温泉街に似合ってる(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)
近づいたらその場でゴロゴロところがりはじめた。このワイルドな感じが古い温泉街に似合ってる(2013年6月 オリンパス OM-D E-M5)

 この場所が気持ちいいのか、近寄っても逃げないでゴロゴロと転がって身体をコンクリートにこすりつけておりました。ここから動きたくないんだ、と顔に書いてあったのでそっとしておくことに。

 やはり旅先で思いがけず出会う猫って楽しいですな。しかもその猫が町に溶け込んでたりするとなおいい。

 遠出したら、観光ルートや史跡のみならず、ちょっとした路地や街の様子を寄り道しながら、時には道に迷いつつ(スマホのおかげで多少迷ってもすぐ戻れるのがありがたい時代)散策するもんですな。

 まあ、猫的には見知らぬ観光客なんかに出会いたくないだろうけど、そこは勘弁してくれということで。

■関連サイト

■Amazon.co.jpで購入


筆者紹介─荻窪圭


著者近影 荻窪圭

老舗のデジタル系ライターだが、最近はMacとデジカメがメイン。ウェブ媒体やカメラ雑誌などに連載を持ちつつ、毎月何かしらの新型デジカメをレビューをしている。趣味はネコと自転車と古道散歩。単行本は『ともかくもっとカッコイイ写真が撮りたい!』(MdN。共著)、『デジカメ撮影の知恵 (宝島社新書) (宝島社新書)』(宝島社新書)、『デジタル一眼レフカメラが上手くなる本』(翔泳社。共著)、『東京古道散歩』(中経文庫)、『古地図とめぐる東京歴史探訪』(ソフトバンク新書)、『古地図でめぐる今昔 東京さんぽガイド 』(玄光社MOOK)。Twitterアカウント @ogikubokei。ブログは http://ogikubokei.blogspot.com/


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン