このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「VAIO Pro 13」「dynabook V832」「LIFEBOOK UH90/L」のベンチマーク結果を比較

ライバル対決!! 当代最強のウルトラブックを決定!(後編)

2013年07月18日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎 写真●篠原孝志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

当代きってのクラムシェル型ウルトラブックを決めるべく「VAIO Pro 13」「dynabook KIRA V832」「LIFEBOOK UH90/L」の3モデルをピックアップ。中編では、製品の持ち歩きやすさや使いやすさをチェックした。後編となる今回は、いよいよベンチマークテストを実施。3製品のパフォーマンスを明らかにする!

この夏最強の3モデルの実力をまるごと検証

 最後は、やはりベンチマークテストだ。各種ツールを利用して、3機種の性能を数値化していきたい。

 まずは、基本となる「Windows エクスペリエンス インデックス」を比較してみよう。特徴の異なる3モデルだが、数値上は大幅な違いはみられない。メモリーが8GBの「dynabook KIRA V832」が、メモリ(RAM)項目で7.4と好スコアをマーク。

 また、PCのパフォーマンスを総合的に評価するPCMark 7では、興味深い結果となった。dynabook KIRA V832が、Haswell世代のVAIO Pro 13を僅差でかわし、トップスコアを獲得。CPUの世代もさることながら、メモリーの搭載容量も、おろそかにできないという結果になった。なお、LIFEBOOK UH90/Lは、スコアに大きな開きがあるが、これはストレージがハイブリッドHDDのためと推測される。

 なお、一般的にディスプレーの解像度が上がると、その分だけベンチマークテストのスコアは低くなるが、今回は敢えて表示解像度の統一はせず、VAIO Pro 13は1920×1080ドット、dynabook KIRA V832は2560×1440ドット、LIFEBOOK UH90/Lは3200×1800ドットという条件下でチェックした。結果はその点を考慮してみてほしい。

VAIO Pro 13の評価。もっとも低い数値はグラフィックスの5.6。また、メモリ(RAM)も5点台。容量をアップしたいPCMark 7の総合スコアは4361を記録。わずかな差でトップを逃したものの、モバイルPCとしては十分な値と言える
dynabook KIRA V832の評価。CPUやグラフィックスのスコアなど、VAIO Pro 13と肩を並べ、メモリー(RAM)は7.4と凌駕PCMark 7ではHaswel世代を上回り、トップスコアとなる4651をマーク。メモリー搭載容量が勝負の明暗を分けた
LIFEBOOK UH90/L評価。超高解像度ディスプレーの負荷は想像以上に厳しいらしく、グラフィックス項目が4.3と低めPCMark 7のスコアは2869。ストレージがSSDではなく、ハイブリッドHDDであることを考えれば、がんばっている
Windows エクスペリエンス インデックスの評価
製品名 VAIO Pro 13 dynabook KIRA V832 LIFEBOOK UH90/L
プロセッサ 6.9 6.9 6.9
メモリ(RAM) 5.9 7.4 5.9
グラフィックス 5.6 5.6 4.3
ゲーム用グラフィックス 6.5 6.4 6.2
プライマリハードディスク 8.1 8.1 5.9
PCMark 7のスコア
製品名 VAIO Pro 13 dynabook KIRA V832 LIFEBOOK UH90/L
総合スコア 4361 4651 2869

 まずは、Windows エクスペリエンス インデックスとPCMark 7で、PCの総合的な評価を確認してみた。つぎは、CPUやストレージ、バッテリー駆動時間など、部分的なポイントをチェックしてみよう。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン