このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第251回

スティック型の3D目玉焼きができる「Rollie」を衝動買い!

2013年07月10日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

目玉焼きであれば卵をチャンバーに落とすだけ

今回、筆者は、Lサイズの卵、カットしたハム、チョリソー、フライド・オニオンを使って、「プレイン」と「エッグドッグ」の2種類の玉子焼きを作ってみた

今回、筆者は、Lサイズの卵、カットしたハム、チョリソー、フライド・オニオンを使って、「プレイン」と「エッグドッグ」の2種類の玉子焼きを作ってみた

 レシピにもよるが、卵は白身と黄身を事前に混ぜ合わせることもなく、ただチャンバーの中に落とすだけ。2個分を使ってもいいがそれ以上は膨張するので2個が限界。

ほんの6~7分で、円筒形になった目玉焼き(“3D目玉焼き”の方が表現は的確だろう)がせり上がってくる。チャンバーに入れる前に白身と黄身を混ぜるとまた違った雰囲気になる。いずれにせよお好みで……

 数分すると焼きあがったスティック状の目玉焼きがチャンバーの中からせり上がってくるので、トングで摘み出すか、付属の串揚げ用のスティックを差し込んで取り出し、お皿に盛り付ければいい。

 シンプルな目玉焼き以外にも、付属のマニュアルには日本人にもおなじみのベーコンエッグや、クラッカーを使ったエッグ・クラッカー、串にさしたソーセージを卵の入ったチャンバーに押し込んで作るエッグドックなど、30種類近い卵料理のレシピが紹介されている。

2番目はちょっと凝って、フライド・オニオンとカット・ハムを入れた溶き卵とチョリソーを用意して特製エッグドッグを作ってみた

2番目はちょっと凝って、フライド・オニオンとカット・ハムを入れた溶き卵とチョリソーを用意して特製エッグドッグを作ってみた

まずフライド・オニオンとカット・ハムを入れた溶き卵をチャンバーの中に流しこむ

まずフライド・オニオンとカット・ハムを入れた溶き卵をチャンバーの中に流しこむ

チョリソーを付属の串で指を突き刺さないように気をつけながら刺す

チョリソーを付属の串で指を突き刺さないように気をつけながら刺す

串の刺さったチョリソーをチャンバーの上から先ほど流し込んだ卵の中にゆっくりと挿入する。卵はチョリソーに押しのけられて表面が上昇し、ほぼチョリソーが隠れるくらいまでになる。後は待つだけ……

串の刺さったチョリソーをチャンバーの上から先ほど流し込んだ卵の中にゆっくりと挿入する。卵はチョリソーに押しのけられて表面が上昇し、ほぼチョリソーが隠れるくらいまでになる。後は待つだけ……

6~7分経過すると、最後の30秒くらいのところで、突然、卵に包まれたチョリソーがせり上がってくる感動の一瞬を体験できる

6~7分経過すると、最後の30秒くらいのところで、突然、卵に包まれたチョリソーがせり上がってくる感動の一瞬を体験できる

 今回、筆者は、ソーセージの周囲をきざんだハムとフライド・オニオンの入ったオムレツで包んだ特製のエッグドックも作ってみた。卵に包まれたチョリソーがせり上がってくる感動の一瞬は動画でどうぞ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン