このページの本文へ

“最速のエンジニアド・システム”でOracle on Oracle戦略を強力に推進

前世代比で2.5倍速い!オラクル、SuperCluster新版を発売

2013年07月09日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクルは7月8日、「Oracle SuperCluster T5-8(ティーファイブ・ダッシュ・エイト)」の提供開始を発表した。前世代機と比較して2.5倍の性能向上を果たし、同社アプリケーション/ミドルウェアの実行基盤として最適化された“最速のエンジニアド・システム”とアピールしている。

Exadata、Exalogicの強みを継承

Oracle SuperCluster T5-8

 SuperCluster T5-8は、4月に国内発売された“世界最速”をうたう「SPARC T5」サーバー(関連記事)や、「Exadata Storage Server」「Sun ZFS Storage 7320 Appliance」などのハードウェアを統合し、「Oracle Database」や「Exalogic Elastic Cloud」、その他のオラクル製ミドルウェア、アプリケーションなどの実行基盤として最適化されたエンジニアド・システム。フルラック構成とハーフラック構成が用意されている。最小構成価格は6467万4000円(税抜)。

 フルラック構成の場合、16コアの「SPARC T5」プロセッサーを8個搭載したSPARC T5-8サーバーが2台(合計256コア)、さらに16.8TBのフラッシュ・キャッシュ、300TB超のデータベースストレージが搭載され、各コンポーネント間は40GbpsのInfiniBandスイッチを介して接続される。

 仮想化技術としては「Oracle VM Server for SPARC」および「Oracle Solaris Zones」を備え、両方を利用して2階層(LDom:論理ドメインとSolarisゾーン)の仮想化環境を構成できる。

SuperCluster T5-8の概要

 同日の製品発表会で日本オラクル システム事業統括 プロダクトマネジメントオフィス チーフテクノロジストの大曽根明氏は、SuperCluster T5-8はExadataとExalogicで培われた“強み”を継承した製品であり、「買ってすぐに、最高の性能で使うことができる」(同氏)マシンであると紹介した。

SuperCluster T5-8はExadataとExalogicの“強み”を継承
高速処理と効率的なデータ保存を両立するデータベース圧縮技術、HCC(Hybrid Columnar Compression)も利用可能

 さらに大曽根氏は、他社製サーバーとストレージ(IBM Power 780、DS8870)の組み合わせでSuperCluster T5-8と同等のデータベース/Javaアプリケーション実行性能を実現するためには約10倍のコストがかかるとする同社試算を示し、圧倒的な価格性能を実現していることを強調した。

「Oracle on Oracle」の価値を訴求

 発表会では、日本オラクル 執行役員 システム事業統括の飯尾光國氏が、今年度(2014年度)のハードウェア製品戦略を説明した。

 オラクルでは現在、顧客に向けて「Oracle on Oracle」コンセプトを提唱している。これはオラクルのデータベース、ミドルウェア、アプリケーションの実行環境として最高のコストパフォーマンスや効率性を提供できるのは、オラクル自身のハードウェアであるというメッセージだ。

 「オラクルはハードウェア専業ではなく、アプリケーションやミドルウェアも顧客に提案する会社。オラクルのハードウェアは、データベースやアプリケーション、ミドルウェアの開発者とともに設計/開発している。ハードウェア単体ではなく、システム全体として高いパフォーマンスやコスト削減を実現できる製品を提供していく」(飯尾氏)

 そして、こうしたハードウェアの設計思想を現実化したものが、SPARC T5サーバーでありSuperCluster T5-8であると飯尾氏は説明した。

飯尾氏は、「Oracle on Oracle」により最大の価格性能を得られることを顧客にアピールすることで「競合他社からのシェア獲得を狙う」と語った

 また同社 システム事業統括 プロダクト・マネジメント・オフィス 本部長の宮坂美樹氏は、「新製品の迅速な投入とソリューション展開」「顧客へのタイムリーな情報発信」「販売パートナーの連携強化」「顧客の意思決定サポートのための検証施設強化」という4つの基軸でOracle on Oracleを推進していくと述べた。

 なお上述の施策の一環として同日、顧客/パートナー向け検証センター「オラクル・ソリューション・センター」がオラクル青山センター内にリニューアル・オープンしている。

検証施設「オラクル・ソリューション・センター」のリニューアル・オープンを記念して鏡割りが行われた

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ