このページの本文へ

無線LAN搭載SDカード「ezShare」に32GBが追加!

2013年07月05日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 無線LAN機能を内蔵する、LZeal Information Technology製のSDHCカード「ezShare」シリーズに容量ラインナップが追加。32GBモデル「ezShare-32GB10」と16GBモデル「ezShare-16GB10」の店頭販売が始まっている。取り扱っているのはパソコンハウス東映だ。

Class10対応の無線LAN内蔵SDHCカード「ezShare」シリーズに新しく32GBと16GBモデルが加わった。側面には便利な無線LANの電源スイッチを搭載する

 カメラの撮影画像を無線LANでスマートフォンなどに転送できる、無線LAN搭載SDHCカード。SDスピードクラス10対応の高速転送がウリの製品で、今回店頭にやってきたのは2月に発売された「ezShare-8GB10」の容量違いとなるモデル。8GBだけでなく、32GBと16GBが新たにラインナップに加えられた。

 基本仕様は8GBモデルと同様。無線LANのON/OFFスイッチを備え、無線LAN未使用時にはカメラの電池消耗を抑えることができる特徴をもつ。接続後はブラウザ経由でメディアデータにアクセス、閲覧と保存が可能なほか、iOSとAndroid向けには専用アプリを用意。アプリ上からTwitterやFacebookへの投稿、RAWデータのプレビューなどが可能だ。

 無線LANはIEEE 802.11b/g/nをサポート。転送速度は1.5MB/secで、セキュリティーはWPA2に対応する。 パソコンハウス東映にて、32GGBモデルが9980円、16GBモデルが6980円で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン