このページの本文へ

GIGABYTE「GV-N770OC-2GD」

GIGABYTEの本気を見た! 新型GPUクーラーに大注目

2013年07月19日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WINDFORCE 3X独自の
エアフローを分析

 WINDFORCEクーラーは、その独特なエアフローもポイントで、ファンが生み出す気流の流れを計算に入れた設計がなされている。これは「WINDFORCE 3X 450W」にも、しっかり受け継がれている。

ヒートシンク中央の三角構造部がWINDFORCE 3Xのキーポイント。ヒートシンク自体も乱気流を抑えるために傾斜している

 ヒートシンク中央の三角構造に吹き付けられた風は、乱気流を起こさずに効率良く、ヒートシンクと熱交換を行なうようになっている。WINDFORCEクーラーのキーポイントとなるGPUコア直上の三角構造体部は、ファン直下に配され、傾斜したヒートシンクにより効果的に三角構造部に風を当て、熱交換を行ないつつ、風の流れを水平方向へ変更。そしてカードの上部と下部から暖まった風が出ていく仕組みだ。

ヒートシンクに当たるファンの風を水平方向に変える、Triangle Coolテクノロジーのエアフロー

 冷却効果を高める三角構造体のTriangle Coolテクノロジーと、気流の流れを整える傾斜したヒートシンクやファンのInclined技術、そして熱伝達効率が向上したComposite Heat Pipeを採用するWINDFORCE 3X 450Wは、少ない風量でも強力、静かに冷却できるようになっている。

「WINDFORCE 3X 450W」のエアフローの概念図。乱気流を起こさず、少ない風量で効率良く、ヒートシンクと熱交換が行なえる

Triangle Coolテクノロジーを
動画で確認

WINDFORCE 3Xのエアフローは
これだけ凄い!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中