このページの本文へ

「パソコン要らずでレコードやカセットなどをMP3に変換してmicroSDに 記録する蔵」が正式名称です

名前が長い! カセットをMP3で保存し、再生もできる録音機

2013年07月02日 19時14分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パソコン要らずでレコードやカセットなどをMP3に変換してmicroSDに 記録する蔵

 サンコーは7月2日、カセットテープやレコードから1曲ずつMP3ファイルに変換できる「パソコン要らずでレコードやカセットなどをMP3に変換してmicroSDに 記録する蔵」の販売を開始した。

 同製品はPCを使うことなく、カセット、レコード、MDに入っている音源をMP3に変換し、保存してくれる。カセットは本体から、レコード、MDはUSB経由でラインイン入力で変換。保存方法は音源を再生後、録音ボタンを押すだけとカンタンで、変換したファイルは別売りのmicro SDに保存していく。曲間を自動認識し、1曲ずつ保存してくれるので、曲単位での再生も可能だ

 また、カセットプレイヤー機能が付いているので、本体でカセットテープを再生もできる。さらには録音したMP3ファイルもそのまま本機で再生も可能。録音再生にはコレ1台といった製品だ。

 サイズは約幅114×奥行き35×高さ83mmで、重さは352gだ。電源はアルカリ単三乾電池2本、あるいはUSB給電。値段は6980円となっている。製品はサンコーレアモノショップウェブサイト・楽天・アマゾン、秋葉原直営店で販売している。

場所を取っていたレコードやカセットをデータ化して保存していこう

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン