このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第47回

ドコモ・ツートップ&HTC J Oneのカメラで使いやすいのは?

2013年07月01日 16時30分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カメラの起動速度が速いのは
HTC J One

 まずはカメラの起動時間をチェックする。Xperia Aは側面のカメラキーからのクイック起動をウリにしている。この起動方法も含めて、各機種で数パターンを試してみた。実測値で1秒8を切るのなら「高速」と判断している。なお、片手操作、ストップウォッチで計測している。

  Xperia A GALAXY S4 HTC J One
カメラ起動速度 1秒74~2秒3
(Palette UI/ロック画面)
1秒60~1秒71
(Palette UI/ロック画面)
1秒21~1秒54
(ロック画面)
1秒28~1秒44
(同アプリメニュー)
1秒41~1秒46
(同アプリメニュー)
0秒97~1秒21
(ホーム)
1秒53~1秒98
(メーカー製ロック画面)
1秒18~1秒49
(メーカーホーム)
 

 最速は0秒97が出たHTC J One。ホーム画面のランチャーにあるカメラアイコンをタップした際の記録だ。ロック画面からの起動は、アイコンをスライドさせて起動させるため若干時間がかかったものの、どちらの場合も見た目で速いと感じる。

 2位は1秒18のGALAXY S4。TouchWiz標準のホーム画面から、カメラアイコンをタップして起動した場合が速かった。docomo Palette UIでも試したが、ロック画面、アプリメニューのどちらも、メーカーのホーム画面から起動するより遅い。

 3位はXperia A。docomo Palette UIのアプリメニュー画面で、カメラアイコンをタップすると1秒28と速かった。ロック画面からの起動はXperiaホームのほうが速い。アイコンをスライドする時間も含めて1秒53だ。

 前述のクイック起動だが、カメラキーからの起動では長押しする時間があり、またテストではクイック起動の設定を「起動&撮影」で行なっているため、自動的に撮影まで行われてしまう。結果は最速で2秒25となったが、起動~撮影終了まで含まれていることを考えると、かなり速い。

 では過去比較してきたスマホも含めて、カメラの起動速度をランキングで見てみよう。第15回から実測値を計測してきた中のベスト10を表示している。

1 HTC J butterfly HTL21 0秒8
(ホーム)
6 AQUOS PHONE SERIE ISW16SH 1秒07
(ON速)
2 AQUOS PHONE Xx 203SH 0秒86
(ロック)
7 ARROWS X F-02E 1秒10
(Palette UIアプリメニュー)
3 ARROWS A 201F 0秒95~1秒05
(ホーム)
8 GALAXY S IIIα SC-03E 1秒14
(メーカーホーム)
4 HTC J One HTL22 0秒97
(アプリメニュー)
9 AQUOS PHONE ZETA SH-02E 1秒16
(Palette UIホーム)
5 INFOBAR A02 0秒99
(ホーム・アニメオフ)
10 GALAXY S4 SC-04E 1秒18
(メーカーホーム)

 HTC J Oneが歴代4位にランクイン。0秒台で起動したのは5機種。「高速起動」が当たり前になっているようだ。なお、ストップウォッチを押してタイムを測っているので、押すタイミングがわずかにずれるだけで順位が入れ替わる。細かな部分は大目に見てもらいたい。ただ上位にきている機種はハイスペックモデルが多く、今後も最新機種が上位にランクインしてくると予想される。

高速撮影もHTC J Oneが勝利
3機種とも歴代トップ5に!

 続いて撮影間隔をチェックする高速撮影テスト。シャッターボタンを押す→撮影する→次のシャッターボタンを押す、までのタイムを競う。これは1秒台を「高速」と判断している。その結果が以下の通りだ。

  Xperia A GALAXY S4 HTC J One
カメラ撮影間隔 0秒46~0秒71
(ノーマル)
0秒30~0秒39
(ノーマル)
0秒28~0秒41
(ノーマル)
1秒57~1秒68
(プレミアムオート)
   

 ここでも1位はHTC J One。ピントが合っていることが前提だが、体感もとにかく速い。タップするたびにライムラグ無くシャッターを切っている感じ。被写体を急に変えるとピントを合わせるため若干時間がかかるものの、同じ被写体を続けて撮影しているときはサクサクだ。

 高速起動と同じく2位はGALAXY S4、3位がXperia Aの順。ただしどちらも0秒5を切り、高速撮影の基準「1秒台」を余裕でクリアしている。

 この2機種の場合、1枚目の撮影に時間がかかり、2枚目以降はサクサクという印象。GALAXY S4の場合は、1枚目を撮るのに1秒以上の時間がかかるものの、2枚目以降は0秒3台でサクサク撮れる。HTC J Oneと比べても体感では差が無い。

 Xpera Aは「プレミアムおまかせオート」と「ノーマル」で試したが、プレミアムおまかせオートの場合、シーン認識などで時間がかかるようで、1枚目が3秒以上、2枚目以降も1秒5~6程度かかっていた。

 しかし「ノーマル」では一気にタイムが短縮し、軽快に撮影が続けられる。ただGALAXY S4やHTC J Oneと比べるとわずかにタイムラグがある。そのため続けてタップしていると、他の2機種よりシャッターを切るタイミングがずれやすい。

 こちらもこれまでのベスト10を見てみよう。

1 HTC J One HTL22 0秒28
(ノーマル)
6 HTC J butterfly HTL21 0秒48
2 GALAXY S4 SC-04E 0秒30
(ノーマル)
7 GALAXY S IIIα SC-03E 0秒49
3 AQUOS PHONE ZETA SH-02E 0秒39
(連撮)
8 VEGA PTL21 0秒54
(連写)
4 AQUOS PHONE Xx 203SH 0秒42
(連撮)
9 AQUOS PHONE SERIE SHL21 0秒64
(連撮)
5 Xperia A SO-04E 0秒46
(ノーマル)
10 GALAXY Note II SC-02E 0秒66

 HTC J Oneは過去最速、GALAXY S4は全機種中2位、Xperia Aも歴代5位にランクイン。今後の夏モデルも期待大だ。

 またここでは複数のモードを試した機種でも、最速値の結果だけを掲載している。デフォルトの設定では撮影間隔が長い機種も多いので、サクサク撮りたいのならカメラの設定を見直すことも必要だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン