このページの本文へ

富士見iPhoneクラブ第145回

雨を事前に察知できる「あめふるコールPlus」

2013年06月30日 15時00分更新

文● 富士見iPhoneクラブ製作委員会(構成:じまP)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士見iPhoneクラブのメンバーが、自分がお気に入りのiPhoneアプリを紹介する本連載。ゆるふわ&腹黒なメンバーが、毎回役立つ(?)アプリをピックアップしていくぞ。

「あめふるコールPlus」

 梅雨前線が日本を覆い出してからというもの、空模様がいまいちという日も増えてきた。当然この時期、天気予報をチェックして外出する人も多いはずだ。ところが、曇りのち雨、雨時々曇りなんて天気もよくあること。また、夏本番になるにつれ、突然の夕立なども増えてくるだろう。

 そこで今回紹介したいのは、「あめふるコールPlus」だ。このアプリは、あらかじめ設定した地点において降雨が予報されると、その時刻と雨の振り具合をプッシュ通知で教えてくれるというもの。

あめふるコールPlus App
価格170円(キャンペーン価格) 作者RC Solution Co.
バージョン1.4 ファイル容量3.3 MB
カテゴリー天気 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降

 雨を通知してほしい場所を設定すれば、プッシュ通知で雨の情報を受信することができる。通知は、降水量によって「弱い雨(1~5mm未満)」から「猛烈な雨(50mm以上)」までの5段階で使い分けできる。ちょっとでも濡れると嫌な人から、多少の雨ならダッシュでなんとかなる! という人までいろいろいるわけで、これは嬉しいところ。

雨を通知してほしい場所を設定する。職場や学校などでもいいし、自宅を設定すれば「洗濯物を取りこまなくては!」という目安になるはず
プッシュ通知で降雨情報を教えてくれる。降水量によって通知する/しないを使い分けられるのもポイント

 また、通知する曜日や時間帯を指定できるのもポイントだ。たとえば職場付近の降雨情報なら、ウィークデーだけ表示すればいい、という人が大半のはず。また、外回りの仕事がない人なら、通勤時間だけ通知が来ればいい、といった具合だ。あるいは週末によく近場にでかけるスポットがあるなら、土日に通知するようにしてもいいだろう。

時間帯も設定できる。「深夜に通知が来て起こされたら嫌だなあ」という心配もない
10分ごとの降水予報も見られるほか、ベータ機能ながら雨があがったことを知らせる通知も

 なお現在は期間限定キャンペーンを行なっており、通常価格350円のところ、170円となっている。気になった人は、「あめふるコール」無料版(登録できる地点は1ヵ所のみなどの制限がある)も提供されているので、まずはそちらを試してみてもいいだろう(App Storeで見る)。


このテクを使っている覆面:ニッシーさん

 iPhoneを使っている人なら、天気予報などチェックしていて当たり前。このアプリで、「もうすぐ雨が降りそうだな」ということをすぐに気づき、外回りやランチ休憩に行く同僚に「雨が降るから、持っていったほうがいいよ」と傘を渡して、好感度を上げることもできる。リア充への第一歩としてオススメのアプリだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中