このページの本文へ

日本、インドに抜かれ4位に-スマホ市場

2013年06月27日 16時00分更新

文● 大木信景(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 中国市場の次は、世界はインド市場を無視できなくなる。2013年の第1四半期のスマートフォン市場において、インドが日本を抜いて初めて世界第3位となった。米調査会社Strategy Analyticsが報告している。

 世界2位、12億の人口をかかえる巨大市場インド。経済的にも近年急成長を続け、2000年代前半からGDP成長率で平均8%を超えるなど高い経済成長率を見せてきた。スマートフォン市場においても、インドは全世界平均の4倍以上もの成長率となっている。世界全体で前年比39%の伸びを見せているスマートフォン市場において、インドの成長率は前年比163%。ちなみに中国は86%、日本は24%、アメリカは19%だ。

 整備された流通網の恩恵を受け、順調に進んでいるインドの「スマートフォンブーム」。その内情をみてみると、(アップルも善戦しているものの)安価なAndroid端末が市場を牽引しているようだ。THE TIMES OF INDIA紙によると、インドのスマートフォン市場においてはAndroidのシェアが90%以上。なかでも価格の安い国内ベンダーが急激な成長を遂げているという。

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画