このページの本文へ

IEEE 802.11acからワイヤレスHDDまで――最新無線LAN事情第3回

なにコレ便利っ! “使える”無線LAN対応機器を大紹介

2013年06月27日 12時00分更新

文● 二瓶 朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホで映像を見たい人向けの簡単ネットワークカメラ
アイ・オー・データ機器「Qwatch TS-WLCAM」

アイ・オー・データ機器の「Qwatch TS-WLCAM」。直販価格は6980円
アイ・オー・データ機器の「Qwatch TS-WLCAM」。直販価格は6980円

 アイ・オー・データ機器の「Qwatch TS-WLCAM」(TS-WLCAM)も、「カメラ一発!」に負けないほど簡単セッティングが可能なネットワークカメラだ。

 こちらも、無線LAN環境(IEEE 802.11b/g/n対応)が整っていれば、TS-WLCAMに電源ケーブルを接続してWPSボタンを使って親機とリンクを確立させるだけで基本設定が完了する。

 カメラ一発!より、どちらかというとスマホやタブレットを利用してカメラ映像を見ることに重点が置かれている。基本設定が完了したら、スマホまたはタブレットに専用アプリ「LCAMView」をインストールし、それからカメラを認識させる。

 カメラの認識に利用するのは、アイ・オー・データのカンタン接続機能「QRコネクト+」だ。TS-WLCAMのパッケージに同梱されているQRコードを、LCAMViewから呼び出せるQRコネクト+機能で撮影する。

「LCAMView」から利用できる「QRコネクト+」。同梱されるQRコードを読み取るだけで設定完了! カメラの認識が完了すると、スマホからこういう映像が見られる
「LCAMView」から利用できる「QRコネクト+」。同梱されるQRコードを読み取るだけで設定完了!カメラの認識が完了すると、スマホからこういう映像が見られる
ウェブブラウザー経由でカメラ画像を確認できる
ウェブブラウザー経由でカメラ画像を確認できる

 それでカメラの認識が完了し、スマホからカメラ映像を見ることが可能となるのだ。PCからTS-WLCAMの映像を見る場合は、ウェブブラウザーからアクセスすることとなる。

背面には有線LANアダプターとACアダプター端子を装備 付属の取り付け金具。丸い台座を天井にねじ止めして上からのアングルで設置することも可能
背面には有線LANアダプターとACアダプター端子を装備付属の取り付け金具。アングルを変えたり足の長さを調節できるほか、丸い台座を天井にねじ止めして上からのアングルで設置することも可能

 TS-WLCAMと同じLAN上に、同社のネットワークHDD「LAN DISK」製品を接続していると、そこに撮影映像を動画として保存しておくことができるので、完璧な監視カメラ環境を築来たい人にもお勧めできる。

 また、カメラ映像内の特定部分だけに反応する動作検知機能を指定できたり、最大で4台のカメラをスマホの1画面から監視できたりと、かなり本格的なカメラ運用ができる逸品である。

 ペットや子どもの監視だけではなく、店舗や事務所の安全を確保する防犯カメラとして利用することもできるだろう。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン