このページの本文へ

75000mAhの怪物! スゴイバッテリーがスゴすぎた!

2013年06月26日 15時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

圧倒的な充電性能

 カタログスペックから逆算すると、オフィシャルサイトにある通り、フィーチャーフォンであれば70台、スマホであれば30台前後、さらには冷蔵庫は7.8時間動作……などなど、モバイル環境だけでなく、緊急時の電源としても活用できる性能を持っている。その下地となっているのは、USB出力だけでなく、MiniDIN12V/5V×2やシガーソケットライターの存在が大きい。MiniDIN12V/5Vは使う使わないの差が明確に出そうだが、シガーソケットライター側は、車載用アイテムでは充電器やインバーターが多く登場しているため、なにかと活用できそうだ。

まずはギャルいポーズで撮影。思った以上にスゴイバッテリーは小さい
PSO2の酒井プロデューサーにもVita用にGood! とオススメしてみた

 また内部の特徴としては、電気的なロスがゼロである明言しているところだろう。直流で充電し、直流で貯める。そして直流で放電。つまり交流変換を行なわない方式だ。また過電流防止、ショート防止、過熱防止、放電保護機能もあり、安全面でも十分な配慮がなされている。このようなことから、防災用としての採用が多いのもうなずける。

 というわけで、「じゃあ実際に持ち歩いたらどうなるだろう?」と感じたので、持ち運んでいろいろなシーンで充電を行なってみた。真っ先にコミケ用の電源として良いと感じたので、まずはイベント時のチェックからだ。電波強度が弱い場合や、人が多く集まりデータ送受信が難しい場合、スマホはなんとか電波を保とうとするため、急激にバッテリー消費速度がアップする。これは電波が入らない地下にいたときに感じたことがあるハズ。そういったシーンではやはりモバイルバッテリーひとつでは心許ないし、同行する人のバッテリー残量も同様だ。

入場待機中にバッテリー残量が20%を切ってしまったフレンドのXperia Zを充電しているところ

 タイミングよくビッグサイトで「ファンタシースター感謝祭2013」があったため、持ち込むことにした。同じサーバーのプレイヤーと電源シェアは面白いし、PS Vitaのバッテリー駆動時間からすると確実に必要。また電波状況的にもSNSなどの利用も考えると、ちょういいテスト環境だと判断した。

シガーライターソケットを利用して4台同時充電中。オプション製品として、16台のフィーチャーフォンを同時に充電できるものを準備中とのこと
ステージイベント中もガシガシ充電しているスゴイバッテリー。同じサーバーの人と遭遇する都度、充電していたが、一向にLEDが赤くなる気配なし。PSO2のスマホ版「PSO2 es」も始まるため、バッテリーはさらに重要性を増す

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン