このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第46回

ドコモ・ツートップ&HTC J Oneはやっぱり高速だった!

2013年06月24日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

文字入力テストでは
Xperia Aが過去最速

 次のテストは文字入力。いつものように下記の文章をGmailの新規作成画面に入力する。片手操作で3回入力、予測変換は使わず、全文を入力する。

「お世話になっております。ライターの小林です。明日の13時にASCII.jpの件、よろしくお願いいたします。」

 その結果が以下の通り。

  Xperia A GALAXY S4 HTC J One
入力プログラム POBox Touch 6.1 iWnn IME for Samsung 2.2.6 iWnn IME 2.2.5
最速タイム 46秒25 52秒28 48秒64
平均タイム 50秒5 53秒71 50秒93

 Xperia Aが過去最速となる46秒25を出した。さらにHTC J Oneも48秒64で過去2番目の速さ。これまで50秒を切る機種はなかったのだ。さらにGALAXY S4も過去4番目に速いという、この3機種はかなり文字入力が速い。

Xperia A

GALAXY S4

HTC J One

 詳しく見ていくとXperia Aは、やはり「持ちやすさ」のメリットが大きいと実感した。特に漢字に変換する際、変換候補を直接タップしやすい。また筆者は右利きなので、画面が大きい機種、幅が広い機種では、キーボード左側のボタンが押しにくいのだが、Xperia Aではそれもない。キーボード全体は少し窮屈と感じ、誤入力もあったのだが、修正時間を入れてもこのタイムだ。

 HTC J Oneは他の2機種より端末に重さを感じるのと、幅も69mmとXperia Aと比べて広め。そのため左側にある文字種ボタンや、変換候補を直接タップするには指を伸ばす必要があった。またキーボードも若干縦に長い印象。しかし広いキーボードのおかげで誤入力は少ない。

 GALAXY S4もHTC J Oneと同じく左側に指が届きにくい。ただキーボードの大きさはちょうどよく感じた。しかしなぜか誤入力が多くなった。とくに「さ」のボタンが鬼門で、下の「は」のボタンを押してしまうことが多かった。そのため「~ます」「~です」が「~まふ」「~でふ」と、ちょっと可愛い感じの誤入力になってしまい、そのたびに修正したのがタイムロスにつながった。

 これも歴代機種を最速タイムのランキングで確認してみよう。キーボードサイズや感度を変更したものは除いた。

1 Xperia A SO-04E 46秒25 19 Optimus G Pro L-04E 1分0秒99
2 HTC J One HTL22 48秒64 20 STREAM 201HW 1分1秒26
3 MEDIAS U N-02E 51秒71 21 Optimus G L-01E 1分1秒85
4 GALAXY S4 SC-04E 52秒28 21 GALAXY Note II SC-02E 1分1秒85
5 G'zOne TYPE-L CAL21 52秒39 23 PANTONE 5 107SH 1分2秒87
6 INFOBAR A02 52秒56 24 AQUOS PHONE Xx 106SH 1分2秒96
7 Xperia Z SO-02E 52秒79 25 MEDIAS W N-05E 1分4秒29
8 GALAXY S III α SC-03E 53秒67 26 HTC J ISW13HT 1分4秒57
9 HONEY BEE 201K 53秒72 27 AQUOS PHONE SERIE ISW16SH 1分4秒99
10 GALAXY S III SC-06D 55秒2 28 AQUOS PHONE SERIE SHL21 1分5秒52
11 RAZR M 201M 55秒28 29 URBANO PROGRESSO 1分7秒4
12 AQUOS PHONE ZETA SH-02E 56秒52 30 DIGNO DUAL WX04K 1分8秒4
13 Optimus it L-06D 56秒67 31 ARROWS A 201F 1分10秒07
14 HTC J butterfly HTL21 57秒46 32 VEGA PTL21 1分10秒93
15 STREAM X GL07S 57秒57 33 AQUOS PHONE st SH-07D 1分14秒5
16 ELUGA power P-07D 57秒90 34 ARROWS X F-02E 1分15秒31
17 Xperia SX SO-05D 57秒94 35 Ascend HW-01E 1分16秒92
18 AQUOS PHONE Xx 203SH 59秒64 36 Optimus Vu L-06D 1分20秒02

 過去36機種中16機種が50秒台。40秒台は今回の2機種のみ。半分は1分以上かかっている。今後は50秒台前半を出さないとトップ10には入れない。

 画面サイズが大きい機種が上位にきたり、本体サイズが小さくて持ちやすい機種が下位だったりと、傾向がバラバラというのは意外だが、ただ今回1位になったXperia Aは、持ちやすさを重視し、スペックも高く、さらに文字入力ソフトが最新のPOBox Touch 6.1と、弱点が無い印象だ。持ちやすさ重視の機種が多い2013年夏モデルだが、今後も上位にランクインが続きそうだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン