このページの本文へ

今度は6.1型! ファーウェイのドデカスマホ「Ascend Mate」

2013年06月22日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6.1型液晶ディスプレーを搭載する、中国ファーウェイ製の大型スマートフォン「Ascend Mate」(型番:MT1-U06)がアキバ店頭に登場。イオシス アキバ中央通店にて販売が始まっている。価格は5万4800円。

6型オーバーの大型スマホがファーウェイからも登場。4コアCPU&16コアGPU、2GBメモリー搭載の高性能機「Ascend Mate」が販売中だ

 6型オーバーの大型スマートフォンは、今月に登場した「GALAXY Mega」に続き2機種目。1月に「International CES 2013」で発表された端末で、1.5GHzのクアッドコアCPUと16コアGPU、2GBメモリーを搭載する。画面サイズは“Mega”よりやや小さいもののスペックで優越し、さらに価格はお手頃という大注目のスマートフォンだ。

 大画面操作に適した「One-Hand UI」を搭載。片手でも快適に操作できるよう工夫されている。OSはAndroid 4.1.2で、液晶解像度は720×1280ドット。ディスプレーには米コーニング社の「Gorilla Glass」が採用され、キズや衝撃にも強い。

大きさは以前ご紹介した「GALAXY Mega」とほぼ同じ。背面パネルはつや消し仕様で高級感がある
側面には電源とボリュームボタンのほか、3.5mmイヤホンジャック、SIMカードスロット、microSDカードスロットを実装。厚みは約1cmと薄くはないものの、大画面ゆえにこの位のほうが持ちやすい気がする

 主なスペックは、CPUがクアッドコア動作のHi-Silicon「K3V2 1.5GHz」、メモリーが2GB、ストレージは16GB、外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCに対応する。カメラはフロント100万画素、リア800万画素で、通信機能はBluetooth 4.0+LE/EDR、IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANをサポート。バッテリーは大容量4050mAhを実装する。

 本体サイズは幅85.7×奥行き163.5×高さ9.9mmで、重量は198g。通信規格はGSM 850/900/1800/1900MHz、UMTS 850/900/1700/1900/2100MHzに対応する。SIMロックフリー仕様で、日本語にも標準対応だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン