このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第7回

テキーラの原料「ブルーアガヴェ」の風味がアクセントだそうだぜ、アミーゴ!

缶も中身も真っ青!エナジードリンク「burn」の新作登場

2013年06月20日 18時20分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「burn REFRESH ENERGY」。爽やかに青いぜ

 最近すっかりエナジードリンクづいているアスキー・ジャンク部だが、またまた新製品をチェック! 今回飲み干すのは、発売されたばかりの「burn REFRESH ENERGY」だ。

並べてみた。脳内BGMはやはりDeep Purpleの「Burn」だ。青いけど

青い服を着ていることもあり、妙に似合う編集部きってのエナジー番長・スエオカ

 「burn」シリーズの第2弾であるburn REFRESH ENERGYは、キウイとアップルの甘酸っぱさに、テキーラの原料として知られる「ブルーアガヴェ」(リュウゼツランの一種だそう)の風味をアクセントに効かせてあるという。しかし、何といっても目を引くのはその青さだ。缶が青いだけではない。中身も青いのだ。ここまで青い飲料はなかなか見たことがない。

独特の青さに目をつけ、実験中のマッドサイエンティストを気取ってみるジャンク部・コジマ

「編集部ノ進歩、発展ノタメニハ犠牲ガツキモノデース」(ちゃんとおいしくいただきました)

 気になる味はというと、やはりキウイとアップルの味を再現している(※無果汁)ということで、とても甘酸っぱい。人によっては「すっぱい!」と思うかもしれない感じだ。ただ、ベタッと甘ったるいわけでもないので、酸味が苦手でなければ、むしろ飲みやすい部類のエナドリといえるだろう。

 その青さから相当にケミカルな味を予想していたが、思った以上に爽やかな喉ごしのため、ますます暑くなるこれからの時期にピッタリのフレーバーといっても過言ではあるまい。その点では以前から出ていたベリー味のburnよりも、こちらの方がゴクゴク飲めそうだと筆者は感じた。

 なお、ブルーアガヴェの風味に関してはよくわからなかったが、言われてみると、かすかに独特の後味を感じる気がする。ちなみにテキーラに使われている原料とはいっても、別にburn REFRESH ENERGY自体にアルコールが入っているわけではないので安心してほしい。仕事中でも飲める。

「仕事中だから酒は飲めない、burn REFRESH ENERGYをもっと持ってこい!」「やだ、あの人飲み過ぎだわ……」

 エナジードリンクとしての成分をチェックすると、まずBCAA(分枝鎖アミノ酸)を含んでいるため、荷物の運搬や土木作業など持久力を求められる、あるいは運動能力を長時間キープしたい場合に摂取すれば効果が期待できる。この点に関してはburnは定評があり、プロアスリートも飲用しているんだとか。

 また、勢力増強に効果のあるL-アルギニンと高麗人参を含んでいるので、相手がラブラブな恋人であろうとモニターの中の存在であろうと、夜のハッスル前に摂取すると効果的かもしれない。もっと詳しい成分が知りたい人は、エナジー番長・スエオカが身体をはって検証したエナジードリンク16本一気飲み記事をどうぞ(関連記事)。

burnでBCAAを補給し、疲れ知らずとなったスエオカとコジマ。重いPCやMSXもこの通り……

……のつもりだったのだが、やはり日頃の疲れには勝てなかったご様子。急に重いものを持ち上げたせいで腰痛に苦しんでいた。残念だが当然である

 というわけで、今日のジャンク部はburn REFRESH ENERGYでした。ごちそうさまでした。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン