このページの本文へ

コミック作品のリーダーに最適な仕様! 5250円分の図書券も

エイサー、「マンガロイドZ」の異名を持つコミックタブ

2013年06月19日 14時23分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
(C)福本伸行/ハイストーン

 エイサーから「マンガロイドZ(Iconia A1-810)」なるAndroidタブレットが発表された。重量約410gという軽量設計の製品。

 ディスプレーにはアスペクト比4:3の7.9型(1024×768ドット)のものを採用した。アスペクト16:9のディスプレーと比べて、無駄のないコミック作品の表示が可能だ。

 また、電子書籍ストア「eBookJapan」で利用できる5250円分のeBook図書券が付属し、購入すればすぐにコミック作品を楽しめる。購入した作品をWeb上に保存する「トランクルーム」機能に対応するため、ストレージを圧迫しないコミックの保存も可能だ。

 プロセッサーにはMTK製MT8125 Quad Cortex A7を採用した。メモリー容量は1GB、ストレージには16GBのeMMCをそなえる。

 非常に変わった名称の製品だが、名の通り電子コミックリーダーとして最適な仕様に仕上がっている。価格は2万3000円前後。6月28日に発売の予定だ。

マンガロイドZ(Iconia A1-810)
主なスペック
プロセッサー MT8125 Quad Cortex A7
メモリー 1GB(オンボード)
ストレージ 16GB eMMC
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)
インターフェース Micro USB 2.0端子×1、Micro HDMI端子×1、
3.5mmミニプラグ×1
バッテリー駆動時間 約7時間
寸法/重量 約幅208.7×奥行145.7×高さ11.1mm/約410g
OS Android 4.2

カテゴリートップへ

ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック