このページの本文へ

プリンストンのデジギア道第15回

筆圧感知2048段階に対応! バッテリー駆動約100時間を実現!!

約1万円のままプロ並み仕様に進化したiPad用ペン「Jot Touch 4」

2013年06月25日 16時15分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2048段階の筆圧レベルはじわじわくるのだ

 さっそくiPadで、対応アプリをダウンロードする。今回試用するのは筆圧感知とパームリジェクションに対応している「Zen Brush」だ。このアプリでは、Jot Touch向けにBluetoothのペアリング機能も備えており、わざわざiPadの設定画面を呼び出さなくても、本製品を利用できる。また、パームリジェクション機能も、該当項目にチェックを入れるだけと簡単。

設定画面を開き「Adonit Jot Family」項目をオンにすれば、Bluetoothのペアリングを開始

「Jot Touch 4」のグリップ部にあるショートカットボタンを押してペアリングを完了

パームリジェクション機能の設定。右手用と左手用の設定があるので左利きの人も安心だ

 無事、登録ができたので、さっそく画面に書き込んでみる。これはっ! ずいぶんとなめらかな描き味!! 透明なディスクのついたペン先の後を黒い線がついてくる。しかも強く押すと、濃くて太い線になるし、力を抜くと途端に線が細くなる。じつに繊細な反応だ。ペン先に組み込まれているダンパー部のセンサーが筆圧を感知しているのだろう。試しにペン先を固定して指先に力を加えていくとまるで墨が染みていくように黒い点がじわじわと広がっていく。カクカクではなくじわじわなのだ。2048段階という細かい数字がわからなくてもこのじわじわを見れば一目瞭然。かすれた線も表現可能だ。

筆のサイズを太めにして、文字を画面に文字を描きこむ。なめらかな書き味で、じつに書きやすい。筆圧感知も繊細になり、払った部分は、かすれて表現されることも

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン