このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第45回

夏スマホの本命 ドコモのツートップとHTCを比較

2013年06月17日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

持ちやすさ重視を
確かに実感できるXperia A

 Xperia Aは持ちやすさを感じられる一台。丸みがあるので手にフィットしているのがよく分かる。厚みも気にならない。

 Xperia Zと同じく強調されたデザインの電源ボタン、音量ボタンは右側面に。この下側にはカメラボタンもあり、「クイック起動」でカメラを素早く起動できる。ホーム/戻る/最近使ったアプリの3ボタンはディスプレーに表示するタイプ。

 上部のワンセグアンテナはホイップ式となっている。Xperia Zでは別途アンテナアダプターを装着する必要があったのでうれしいところ。一方イヤホンジャックは相変わらずむき出しではなく、防水キャップで覆われる。イヤホン端子のキャップ付きは、防水対応スマホでも最近は少なくなってきた。背面カバーを外して、バッテリーの交換も可能。ストラップもカバーを外して取り付ける。

背面は丸みを帯びたデザイン。アクセント的に用いられている電源ボタンはXperia Zなどと同様

ワンセグのアンテナはホイップ式に。ストラップホールも用意されている

メインのキーはディスプレーに表示するタイプである

持ちやすさと大画面を
両立したGALAXY S4

 GALAXY S4はスペック上は幅70mmと大きめだが、薄さやデザインもあってか、そこまで幅広い感じはしない。Xperia Aと比べると、確かに大きいが、5型スマホ=巨大という印象は薄らいでいる。

 3機種中唯一、ホームボタンがハードキーだ。戻る/メニューはタッチセンサータイプ。右側面に電源ボタン、左側面に音量ボタンを配置。上にはむき出しのイヤホンジャックとワンセグアンテナ、下部にはむき出しのmicroUSB端子がある。背面カバーを外してバッテリー交換ができるほか、microSDカードはバッテリーと関係なく、取り外しができる。ストラップホールは無い。

裏ブタが開いて、バッテリーも交換可能。防水非対応でキャップ類はむき出し。サイドを金属調のフレームが囲んでいる

ホームボタンだけハードキーなのは、GALAXYシリーズで同じ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン