このページの本文へ

DSDのダイレクト再生に対応したパイオニアのAVアンプ

2013年06月13日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
9.2chアンプの「SC-LX57」と7.2chアンプ「SC-2023」

9.2chアンプの「SC-LX57」と7.2chアンプ「SC-2023」

 

 パイオニアから、ミドルクラスの7.2chアンプ「SC-2023」(希望小売価格12万円)と、上位クラスとなる9.2chアンプ「SC-LX57」(希望小売価格18万7000円)が発表された。どちらも7月下旬発売となる。

「ダイレクトエナジーHD」アンプ

「ダイレクトエナジーHD」アンプ

新たに採用したESS製のDAC

SC-LX57で新たに採用したESS製のDAC

アンプのパーツを見直し、パーツ変更のための再設計を実施した

アンプのパーツを見直し、パーツ変更のための再設計を実施した

新型DACにより、全チャンネルで同じクオリティーの音を再現できる

新型DACにより、全チャンネルで同じクオリティーの音を再現できる

 両機種ともデジタルアンプの「ダイレクトエナジーHD」のパーツを見直すことで上位モデルに迫る高音質を実現。加えて、SC-LX57はカナダのESS製のDAC「SABRE32 Ultra DAC」を新たに搭載。全チャンネルでジッターを低減したオーディオ信号をアンプに入力できるようになった。

44.1kHzの入力を176.4kHzで出力

44.1kHzの入力を176.4kHzで出力

DSD音源をそのまま出力できる

DSD音源をそのまま出力できる

 SC-LX57は再生可能なすべてのオーディオファイル(2ch音源)を192(CDは176.4)kHz/32bit化して再生する「Audio Scaler」機能を搭載。また、SC-LX57とSC-2023はDSDファイルの再生が可能だが、SC-LX57はダイレクト再生(ネイティブ再生)が行なえるようになっている。内部のDSPを介さず(PCM変換を行なわず)にDSDをDACで再生可能だ。

SC-LX57(左)とSC-2023(右)の背面端子類

SC-LX57の前面に配置されたMHL端子

SC-LX57の前面に配置されたMHL端子

 このほか、両機種ともMHL(スマホ/タブレット用映像出力規格)に対応するが、3D映像の伝送にも対応する最新バージョンの「MHL 2.0」となっている。さらにHDMIは4K映像のパススルーおよびアップスケーリングが可能で、さらにアンプの状態などを確認できるオーバーレイ表示も可能にした(パススルーおよび3D表示時は使用できない)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画