このページの本文へ

米Google、検索アルゴリズムの更新開始 - スパムが多い検索クエリへの対策

2013年06月12日 07時11分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Googleは2013年6月12日7時頃、スパムの傾向が強い検索クエリに対策するためのアップデート作業を開始したことを発表した。同社マット・カッツ氏がツイートで告知している。

5月の今後の検索品質改善のロードマップで語られていた、スパムの傾向が強い検索クエリへの対策が実施される。詳細はビデオでも語られておらず、現時点(日本時間7時)でも明らかではない。判明していることは、たとえばGoogle(英国版)で "payday loans"と検索した時のようなスパムが多い状況を改善し、検索結果をクリーンにすることが目的とされていることだ。

現在、米国シアトルで開催中のSMX Advanced にまもなく同氏が登壇する予定で、そこで詳細が語られると推察される。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く