このページの本文へ

TVチューナー「SmartVision Light」搭載モデルも登場

Haswell搭載の27型QHD液晶オールインワンPCなど、レノボ「IdeaCentre」シリーズ3製品

2013年06月11日 20時07分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「IdeaCentre A730」

 レノボ・ジャパンは6月11日、コンシューマ向けデスクトップPC「IdeaCentre」シリーズの新製品を発表した。

 「IdeaCentre A730」は、Haswellこと第4世代インテルCore i7プロセッサー(4700MQ)と、ビデオチップにGeforce GTX 745Mを搭載するオールインワンPC。フルHDを大きく上回る高解像度2560×1440ドットの27型ディスプレイはフレームレスかつ10点マルチタッチに対応しており、Windows 8のタッチ操作を十分に堪能できるという。

 主な仕様は、メモリが8GB、SSDが1TB+8MB、インターフェースがHDMI入出力対応/USB3.0×4/6in1カードリーダー。予想販売価格は、18万円前後~。

「IdeaCentre B340」

 「IdeaCentre B340」は、NECのテレビソフトウェア「SmartVision Light」を搭載するモデル。フルハイビジョン画格での10倍録画機能や、「スリムモード」「アドバンスモード」など、必要な機能のみを選んで表示できる機能を搭載する。同梱のワイヤレスタッチパッドにより、Windows 8のタッチ操作も可能だ。

 主な仕様は、CPUがインテルCore i5-3330S、メモリが4GB、ディスプレイが21.5型フルHD(1920×1080ドット)、インターフェースがHDMI入出力対応/USB3.0×2/USB2.0×4、6in1カードリーダー。そのほか、リモコンを付属する。予定販売価格は15万円前後。

「IdeaCentre K450」

 「IdeaCentre K450」は、Haswell(Core i7-4770およびi5-4430プロセッサー)を内蔵するタワー型デスクトップPCだ。ビデオチップにNVIDIA GTX660を採用しており、ゲームやビデオ編集、高画質映像の再生などを快適に楽しむことができる。ポータブル・ハードディスクを搭載し、デスクトップ本体のホットプラグに直接差し込めばセカンドHDDとして認識できるほか、USBケーブルを使用して別のPCの外付けHDDとしても利用可能。

 主な仕様は、メモリが8GB、HDDが1TB/500GB(ポータブル・ハードディスク)、インターフェースがHDMI出力/USB3.0×4/USB2.0×2/9in1カードリーダー。販売価格は、Core i7モデルが15万円前後~、Core i5モデルが7.5万円前後を予定。

 3製品とも、7月上旬より全国の量販店にて順次販売を開始するとしている。

 

■関連サイト

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画