このページの本文へ

USB OTG、最大32GBのMicro SDをサポート

1万円台で買える7インチタブレット登場、Android OS搭載「IdeaTab A1000」、レノボ

2013年06月11日 14時30分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「IdeaTab A1000」

 レノボ・ジャパンは6月11日、Android OS搭載のコンシューマー向けタブレット「IdeaTab A1000」を発表した。

 7インチ(1024×600ドット)液晶ながら、1万円台という低価格を実現した製品。「ドルビー デジタルプラス」に対応しているほか、前面に2つのスピーカーを搭載し、大音量で音楽を再生できる点が特徴だ。

 USB OTGに対応しており、USBメモリーなどの外部デバイスからのデータ転送も可能(USB機器に応じたケーブルは付属しない)。また、最大32GBのmicro-SDカードを使用できるという。

 OSはAndroid 4.1.2 Jelly bean、CPUはMTK8317 Dual Core 1.2GHz、メモリは16GB。5点マルチタッチディスプレイを採用するほか、0.3メガピクセル内蔵カメラを搭載する。バッテリー駆動時間は約8時間。

 予定販売価格は1万8000円前後。6月下旬より、全国の量販店にて順次販売を開始するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ