このページの本文へ

スケジュールストリートとも連携可能!

文具連携アプリ「SMAFO BUNGU」が無償公開中—エレコム

2013年06月10日 17時15分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
iPadでの使用イメージ

 エレコムの文具連携アプリ「SMAFO BUNGU」シリーズのメジャーアップデート版が公開された。

 SMAFO BUNGUは専用マーカーや専用シートによる手書き書類を、スマートフォンやタブレットで閲覧・管理できるようにするもの。

 撮影画像の補正やトリミングにも対応し、見やすく容易な情報管理が可能だとしている。クラウドサービスへのファイルアップロードや、PDFファイルへの書き出しにも対応する。

SMAFO BUNGU sheetSMAFO BUNGU noteSMAFO BUNGU diary

 今回のメジャーアップデート版では「SMAFO BUNGU sheet」「SMAFO BUNGU note」「SMAFO BUNGU diary」の3種類が用意される。UIがタブレットにも最適化され、同社のスケジュール管理アプリ「スケジュールストリート」との連携機能もそなえた。

 価格は3種類とも無料。Apple StoreおよびGoogle Playよりダウンロード可能だ。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース