このページの本文へ

データ通信には使えない潔い仕様

スマホやタブレットから他のスマホに給電するケーブル

2013年06月07日 18時06分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スマホで充電 レスキューケーブル for microUSB」

 日本トラストテクノロジーは6月7日、「スマホで充電 レスキューケーブル for microUSB」を販売した。

 本製品は、電力に余裕のあるスマートフォンやタブレットのバッテリーを利用して、電池残量の少なくなった他のスマホを充電するためのケーブルだ。両端がmicroUSB端子になっているが、コネクタのサイズが微妙に異なっている。まず電力を供給する側のスマホやタブレットに大きいコネクタを接続し、次に充電するスマホに小さいコネクタを接続すれば充電が始まる。なお電源として利用できるのは、USBホスト機能に対応し、Android OS4.0以降のmicroUSB搭載の機種。

電力供給するスマホに大きいコネクタを、充電するスマホに小さいコネクタを接続することで充電が可能

 また、付属するUSB変換アダプターを大きいコネクタ側に接続し、パソコンのUSBポートやUSB-ACアダプター(別売)を利用してスマホを充電することも可能だ。しかし、本製品はあくまで充電専用のケーブルなので、この状態にしてもデータ通信には利用できないという潔い仕様となっている。

付属するUSB変換アダプターを使って、USB充電ケーブルとしても使える。なお充電専用ケーブルのため、データ通信には利用できない

 ケーブル長は約120~800mm(巻取り式)で、重量は約16g。価格はオープンで、市場想定価格は980円の見込み。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン