このページの本文へ

2Wayスピーカー、ハイパワーアンプ搭載で高音質を楽しめる

パイオニア、BluetoothでiPhone 5の音楽が再生できるCDミニコンポ

2013年06月06日 15時08分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「X-HM51-S」

 パイオニアは6月5日、オールインワンタイプのCDミニコンポーネントシステム「X-HM51-S」「X-HM21-S」の2機種を発表した。

 重低音再生用に大口径ウーファー(X-HM51-S:12cm、X-HM21-S:10cm)と、高音再生用にトゥイーターを搭載した2Wayスピーカーを採用する。アンプは、ハイパワーアンプ(X-HM51-S:50W+50W、X-HM21-S:15W+15W)を装備。X-HM51-Sでは、フルデジタルアンプの採用や、スピーカー部の入力端子における金メッキのバナナプラグ導入により、ノイズの低減と高音質を実現するという。

 同製品とUSB接続することでiPhoneやiPod内の音楽を再生できるほか、CD、USBメモリー、FM/AMラジオなどの聴取も可能だ。また、X-HM51-SはBluetoothに対応しており、スマートフォンに保存されている音楽をワイヤレスで再生できる。

 本体は、アルミ素材のフロントパネルと、木目調のスピーカーキャビネットで高級感のあるデザインとなっている。FLAT/ACTIVE/DIALOGUE/NIGHTの4種類から選べるイコライザーや、低温を強調するP.BASS機能などを搭載。そのほか、iPhone/iPad/iPod用スタンドや、これらの基本操作ができるリモコンなどを付属する。消費電力は、X-HM51-Sは36W、X-HM21-Sは30Wで、待機時消費電力をともに0.5W以下に抑えた。

 価格はオープンで、X-HM51-Sは6月下旬、X-HM21-Sは6月中旬の発売を予定している。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画