このページの本文へ

ケミカルなエナジードリンク界に現われた、オーガニックな挑戦者

スタバからオシャレすぎるエナジードリンクが登場

2013年06月05日 18時40分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」、「同 クールライム」

 日夜過酷な業務にあけくれるASCII.jp編集部では、エナジードリンクで気合を入れることが珍しくない。以前ASCII.jpでは、エナジードリンクを飲みまくり、身体で効き目を検証するという記事を書いたほどだが(関連記事)、編集部内でもとりわけ不健康なアスキー・ジャンク部にいたっては、「エナジードリンクの味が大好き、特に理由もないけど飲むもんね」というジャンキーぶりである。

 そのエナジードリンク界に、ジャンキーとは縁遠いオシャンティーな刺客が登場するというニュースが舞い込んできた。その名は、「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」「同 クールライム」。そう、あのスターバックスである。カフェで仕事をする"ノマド"な人たち、おしゃれな学生たちが愛用するカフェ……という発想も古いかもしれないと思えるぐらい、今や日本の定番になったあのスタバである。「S/M/L」が基本だった飲み物のサイズに、「ショート/トール/グランデ」という聞いたこともない選択肢を導入し、日本人の価値観を多いに揺さぶったあのスタバである(しつこい)。

 気になる中身だが、コーヒーチェーンらしく、アラビカ種の焙煎前のグリーンコーヒー(生豆)を使用しているのが大きな特徴だ。コーヒーから抽出したカフェインや高麗人参エキス、ビタミンB6といったエナジー成分に、炭酸と果汁を加えることで、「リフレッシュしたい時に、エナジーチャージと爽やかな味わいを楽しめる」エナジードリンクになっているとのこと。アメリカでは昨年から発売されていたものだが、こちらは日本人の嗜好に合わせた味に仕上げてあるという。

 容量は200mlで、価格は191円。6月25日から全国のセブンイレブンで先行販売される。

 どちらかといえばケミカルなイメージのあるエナジードリンク界に現れた、オーガニックな挑戦者・スターバックス リフレッシャーズ。アスキー・ジャンク部も注目の一品だ!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン