このページの本文へ

写真で見る最強すぎる新しい「ARROWS NX」

2013年06月08日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

夏モデル最強スペック端末降臨!

 ドコモの夏モデルの中でもひときわハイスペックが光っていたのが、富士通の「ARROWS NX F-06E」だ。なお、NXは「ニューARROWS X」が由来。

 ディスプレーは夏モデルスマホ最大の5.2型で解像度はフルHD(1080×1920ドット)を装備。ワンセグやNOTTVに対応は当たり前として、大画面を活かせるフルセグにも対応し、高画質な地デジ番組をワンセグのように気軽に楽しむことができる。なお、ドコモ向けのフルセグ対応端末は夏モデルの中では唯一だ。

 CPUはこれまで使われてきた「Tegra 3」から、スマホのスタンダードでもある「Snapdragon APQ8064」になった。1.7GHz動作のクアッドコアCPUにより、これまで以上の高速処理ができるようになるだろう。CPUの高性能化にともない、バッテリー容量もアップ。なんと3020mAhが搭載された(ただし交換不可)。バッテリー容量3000mAh越えも夏モデル唯一である。富士通独自の省エネ機能「NX!エコ」と組み合わせることで、今まで以上に長時間運用することができるだろう。

 さらに、内蔵ストレージがなんと64GBに! 夏モデルの中では「Disney Mobile on docomo F-07E」と2台だけだ。カラバリはBlack、Whiteの2色。

 もはやスキがまったくなくなったARROWSシリーズ最新作。6月7日に発売されたばかりの同モデル、その高性能を写真で見ていこう。

左がBlack、右がWhiteの背面
夏モデル唯一のフルセグチューナー内蔵
5.2型はそれなりに大きいが、幅が70mmとギリギリ片手で持てるレベルを保っている
上部のイヤホンジャックはキャプレス防水下部にはmicroUSB端子があるが、キャップレスではない。またストラップホールも用意されている
両サイドはこのようにメタリックなデザインで、各種キーが見やすいような配慮がなされている
手に持ってみると、5.2型のサイズ感はあるが、両サイドのベゼルを極限まで狭くしているので、ギリギリ女性でも片手操作がいけそう
ハードキーはナシ! ちなみに、リアカメラも約1630万画素とこれまたトップクラスの性能を誇る
指紋認証やおサイフケータイなど背面もさまざまな機能が満載されている。唯一の欠点は、ワイヤレス充電のQiに対応していないことくらいだ
「ARROWS NX F-06E」の主なスペック
メーカー 富士通
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約70×139×9.9mm
重量 約163g
CPU Snapdragon APQ8064T 1.7GHz
(クアッドコア)
内蔵メモリー(RAM) 2GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
外部メモリー microSDXC(最大64GB)
OS Android 4.2
Xi ○(下り100Mbps)
Xi対応周波数 2GHz/1.5GHz/800MHz
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
テザリング ○(最大10台)
カメラ画素数 リア:約1630万画素CMOS/イン:約120万画素CMOS
バッテリー容量 3020mAh(交換不可)
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ ○(+フルセグ)
NOTTV
赤外線
防水/防塵 ○/○
Qi ×
miniUIM
連続待受時間(3G/LTE) 約560時間/約560時間
連続通話時間(3G) 約680分
カラバリ Black/White
発売時期 発売中

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン