このページの本文へ

アプリのデザインは新発表されるフラットデザイン?

アップルの新製品発表を日本でチェックできるアプリ「WWDC」

2013年06月04日 16時42分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは米国時間の6月3日、同社製品の開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2013」(WWDC 2013)の公式アプリ「WWDC」をリリースした。6月10日からサンフランシスコで開催されるWWDC 2013のスケジュール、フロアマップ、基調講演やプレゼン動画を視聴できる。

 セッション時間、場所がわかるので、イベント参加者にとってはスケジュール管理アプリとして使える。また、参加しなくても、イベント中のニュース、セッションの様子が観ることができ、情報を追うのに便利だ。さらに、2011年、2012年のセッション動画も視聴可能。

 アプリは無料でダウンロードでき、iPhone、iPad、iPod touchで利用できる。

 なお、このアプリのデザインが、WWDC 2013で発表されるかもしれない「iOS 7」のフラットデザインを採用しているのでは、と一部で噂されている。

WWDC App
価格無料 作者Apple
バージョン1.0 ファイル容量4.3 MB
カテゴリー辞書/辞典/その他 評価(4.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 6.1以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中