このページの本文へ

ガスを使わず単3形乾電池2本で動く

缶ビールがビアホールのような泡になる! ハンディビアサーバー「コク泡」

2013年06月03日 16時10分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
家庭用ハンディビールサーバー「コク泡」

 グリーンハウスは6月3日、家庭用ハンディビアサーバー「コク泡」を発表した。

 缶ビールに取り付けてボタンを押すだけで、超音波によりクリーミーできめ細かい泡を作ることができるという。350mlと500mlサイズの缶ビールに対応。取り付けも簡単なほか、ワンタッチで液体と泡の切り替えが可能で、好みのバランスで注ぐことができる。

 ガスなどを使わず、単3形乾電池2本で約3時間30分動作するので、パーティーやアウトドアにも最適だという。電源部分を取り外して、注ぎ口を水洗いすることも可能だ。サイズは約幅145×奥行き78×高さ155mmで、重量は140g。

 カラーバリエーションは、ホワイト(GH-BEERA-WH)とブラック(GH-BEERA-BK)の2色展開。予定販売価格は2980円。ホワイトは6月上旬、ブラックは6月中旬の発売を見込んでいる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン