このページの本文へ

最新セキュリティ製品で標的型攻撃を防げ!第19回

GSXの専門家チームによる手動オペレーションの「侵入検査」

日本ラッド、タイガーチームサービスの脆弱性診断開始

2013年06月03日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ラッドは、グローバルセキュリティエキスパート(以下、GSX)の提供しているシステム脆弱性診断サービス「タイガーチームサービス」の取扱いを2013年6月3日より開始する。

 タイガーチームサービスでは、豊富な経験を持ったGSXの専門家チームによる手動オペレーションによる「侵入検査(Penetration Testing)」を実施。診断ツールやASPサービス等の診断手法では実現できない高レベルの診断を行ない、セキュリティホールを検出してレポートする。

 

 GSXが監査法人系コンサルティング会社として培ってきたシステム監査手法と高度なネットワーク技術に基づき、セキュリティ上の問題点の指摘や改善案の提示、Webシステムの構築支援おとび不正アクセス対策など、総合的なコンサルティングサービスを提供するという。サービスメニューは、プラットフォーム診断、Webアプリケーション診断、スマートフォン向けセキュリティ診断の3つとなっている。

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ