このページの本文へ

「設定により機能を追加する」サービス

Android端末を専用端末化!サイボウズ子会社が開始

2013年05月28日 08時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月27日、サイボウズのスタートアップ事業を専門とする100%子会社サイボウズスタートアップスは、Android端末を業務専用端末として利用するためのデバイス管理サービス「専用端末化サービス」を販売開始する。

 「設定により機能を制限する」従来のモバイルデバイス管理サービス(MDM)とは異なり、「設定により機能を追加する」サービスという特徴を持つ。専用端末化アプリケーションをインストールすることで、何もできない状態を作り出し、そこから利用を許可するアプリと時間などを設定する。

デフォルト画面での専用端末状態例画面を自由にデザイン可能

 また、業務報告や事前登録されたデータの確認、編集、追加コメント、自社オリジナルのランチャー、登録した画像を表示してフォトフレーム、社内の内線番号を案内などの5パターンのアプリケーションを20万円(税抜)かつ1週間の納期で開発する。アプリケーションの開発の一部には、サイボウズの「kintone」と簡単にWebフォームが作成できるCstapの「フォームクリエイター」を利用する。利用には各ライセンスの利用料金が別途必要になる。

 いわゆるMDM的なデバイス管理機能も搭載する。専用アプリケーションをインストールすることで、PCのブラウザからリモート操作でアラームを鳴らしたり、デバイス操作をまったくできなくするロックをかけたり、工場出荷状態にデータをワイプするなどのデバイス管理が行なえる。また、端末の位置情報をはじめ、アプリケーションの操作ログなども確認できる。

 管理端末は、Android OS 3.0以降。利用料金は、5台までで月額3500円、年払い3万9900円。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ