このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Gカップの台湾コスプレ美女、ヴァネッサ・パンが本格進出!

2013年05月27日 21時25分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 台湾でコスプレーヤーとして人気のヴァネッサ・パンさんが、ファーストDVD「ヴァネッサ・パンです。」(発売:イーネット・フロンティア/3990円)の発売記念イベントを26日、秋葉原のソフマップアミューズメント館で行なった。

 イリィさんやシャロン・シューさんなど、日本で活躍する台湾美女たちが増えてきているが、ヴァネッサさんは台湾コスプレ業界のカリスマプレイヤー。胸はボリュームたっぷりのGカップ。ボディはグラビアにとても向いていると言えるだろう。初のイメージDVDのロケはバリ島にて。取材には日本語で答えてれた。

――ファーストDVDに関して聞かせてください。
【ヴァネッサ・パン】DVDを撮るのも初めて、バリ島に行くのも初めて。いろいろな初めてが詰まっています。衣装もナースとか、制服とか、競泳水着とか……。普段は着ないものがいっぱいありました。特にナースの衣装は際どすぎて、「これを着るんですか?」と思いました(笑)。

――日本で芸能活動をすることになった経緯は?
【ヴァネッサ・パン】日本へ留学することになった時に誘いを受けました。日本の文化についても興味津々だったので、「じゃあ、やりましょうか?」って。日本の芸能界は大きくて、みんなで楽しくやっている印象があります。

――コスプレは何歳からやっていますか?
【ヴァネッサ・パン】12歳から。最初は「シャーマンキング」でした。お父さんが連れて行ってくれたイベントでハマっちゃって、好きなキャラクターになれるコスプレってカッコいいなって。それからずっと続けています。

 今年はグラビアを頑張っていきたいというヴァネッサさん。7月には「クイーンズブレイド」シリーズのコスプレ写真集も発売される予定だ。また、現在は日本に留学中だが、台湾語のほか、北京語、日本語、英語、ロシア語を話せる。しゃべる仕事でも才能を発揮してくれそうである。

(写真特集ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ