このページの本文へ

ディスクもダウンロードも不要!

W-Fiクラウドゲーム機「G-cluster」が6月20日に発売

2013年05月27日 19時59分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「G-cluster(ジークラスタ)」

 マルチメディアコンテンツを手がけるブロードメディアは、クラウドゲーム機「G-cluster(ジークラスタ)」を6月20日に日本国内で発売すると発表した。全国の家電量販店およびインターネット通販にて、5月30日より予約を開始している。

 G-cluster本体のみと、本体とコントローラーがセットになった基本セットの2種類が販売される。価格は、本体のみが9980円、基本セットが1万3800円。

本体と、本体+コントローラーの「基本セット」が同時発売「G-cluster」ポータルのイメージ

 G-clusterはテレビとWi-Fに接続することで使用できる。パッケージの購入やアプリのダウンロードは不要で、サーバー側でゲーム処理を行い、端末に映像を送信する。セーブデータはネットワーク上に保存され、G-clusterで遊べる環境があれば、どこでも自分のゲームの続きを楽しめるとしている。

 本体サイズは約幅49×奥行き11×高さ90mm、重量は45g。付属のホルダーとテープでテレビの裏側に貼り付けて設置できる。テレビとの接続はHDMIケーブルを使用する。スマホ/タブレットをコントローラーとして利用できる。また、市販のコントローラーも使用可能だ。

 ゲームソフトの購入は単品購入と定額課金の2通り。単品購入したゲームは原則1年間遊べるとしている。価格は1本500~2940円。月額525円で約30タイトルが遊び放題の「月500円プラン」も用意されている。発売記念として、「月額500円プラン」が最大2ヶ月無料になるキャンペーンを実施する。月額500円プランに申し込んだ場合のみキャンペーン対象となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ