このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

普及機としての4Kテレビを目指した新生「REGZA」

2013年05月28日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「REGZA Z8X」シリーズ
「REGZA Z8X」シリーズ

 東芝から4K(3840×2160ドット)解像度の液晶テレビ「REGZA Z8X」シリーズが発表された。58V型、65V型、84V型の3機種が用意され、予想実売価格はそれぞれ50万円前後、75万円前後、168万円前後となっている。発売時期は6月下旬。

 従来、4K REGZAは「Xシリーズ」という“特別な位置づけ”のモデルとして展開していたが、今回は従来の(2Kの)REGZAの最上位モデルである「Z」シリーズとして投入。4Kは特別な存在ではない、という東芝のメッセージでもある。

画像処理エンジンには4コアの「REGZA ENGINE CEVO 4K」を搭載

「シネマ4Kシステム」の基板。「REGZA ENGINE CEVO 4K」が搭載されている。

 全モデルともエッジライト式のバックライトを採用。パネルは84V型がIPSでそれ以外はVAとなる。

 「シネマ4Kシステム」という新たな画像処理エンジンを搭載。メインとなるのは「REGZA ENGINE CEVO 4K」というチップで、クアッドコアとなっている。

「絵柄解析 再構成型超解像技術」
エリアごとに処理を変える「絵柄解析 再構成型超解像技術」
反射して光っている部分を補正する「輝き復元」 オートのほか、10段階での手動調整も可能
反射して光っている部分を補正する「輝き復元」オートのほか、10段階での手動調整も可能
精細管を高める「微細テクスチャー復元」 こちらも手動での調整が可能
精細管を高める「微細テクスチャー復元」こちらも手動での調整が可能

 シネマ4Kシステムにおける超解像技術も進化している。1フレーム中の絵柄を解析し、エリアごとに超解像処理の適用度を変更する「絵柄解析 再構成型超解像技術」を採用。映像内の光沢部分(反射して光っているところ)を検出して、画像処理を施して輝きを再現する「輝き復元」や画像のテクスチャー部、エッジ部、平坦部をそれぞれ検出し、最適な画像処理を施して精細感を再現する「微細テクスチャー復元」などを搭載する。

文字などをきれいに見せる画像処理も行なう ゲイン調整も従来より細かく調整できるようになった
文字などをきれいに見せる画像処理も行なうゲイン調整も従来より細かく調整できるようになった

 また、文字などのエッジ部で目立つモスキートノイズやブロックノイズを除去する機能も搭載。これらはBlu-ray Discやデジタル放送の画質も向上させるだけでなく、4Kコンテンツに対しても有効とのことだ。

4Kカメラで撮影した映像を2Kにダウンコンバートし、これを「高解像度シネマモード」で再生。水平解像度の復元率は90%
4Kカメラで撮影した映像を2Kにダウンコンバートし、これを「高解像度シネマモード」で再生。水平解像度の復元率は90%
左がオート、右が高解像度シネマモードで再生したBD映像。鼻の部分の質感などが再現されている

 さらに、高解像度映像用の画質モードである「高解像度シネマモード」を搭載。特に4Kカメラで撮影されたBDコンテンツで効果を発揮し、オリジナルの4Kコンテンツを比較して水平解像度の復元率は90%にもなるという。

秒間4枚の4K映像を生成する「4Kアクティブスキャン240」。処理能力が高いからこそ実現した機能だ
秒間4枚の4K映像を生成する「4Kアクティブスキャン240」。処理能力が高いからこそ実現した機能だ

 24コマで撮影された4Kの映画コンテンツに関しても、1コマあたり4つの映像を新たに生成することで秒間120コマ相当のなめらかな再生を行なう「4Kアクティブスキャン240」が利用可能だ。

4K解像度のPCゲームを低遅延で楽しめる「4Kゲーム・ターボ」
4K解像度のPCゲームを低遅延で楽しめる「4Kゲーム・ターボ」

 このほか、4K映像をリアルタイムに解析して階調補正を行なう「4Kダイナミック階調補正」や、FIFOメモリーの制御により4K(30p)のゲーム映像を低遅延(約0.95フレーム)までの抑える「4Kゲーム・ターボ」なども搭載。

 もちろん、「高画質アニメモード」や「ゴルフモード」といった、従来からの画質モードも引き続き搭載する。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン