このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「NEXTGEAR-MICRO im520BA11-MH」レビュー

マウス製MHF-G推奨PCのエントリーモデルの実力を試す

2013年05月30日 14時30分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

構成をカスタマイズして選ぶならどこを増やすか?

 NEXTGEAR-MICRO im520BA11-MHは、Intel Core i3-3220(3.3GHz)、NVIDIA GeForce GTX 650、メモリにDDR 3 PC3-12800 4GB(最大16GB)、ストレージはHDD 500GB(SATA3)、OSはWindows 8といった構成だ。そのままでもプレイに問題はないとすでに解説しているが、BTOオプションを見てみると、CPUの変更だけでなく、GPUや電源、CPUクーラーも変更可能になっている。より快適な環境や他のタイトルも考えているのならば、構成を変更するのもアリだ。

ケースはマイクロタワーになる。通気性を重視したメッシュが多く、パーツの冷却に優れる。そのぶん、ファンノイズは聞こえやすいため、より静かな環境を望むのであれば、水冷CPUクーラーを選択しよう

 CPUについては、Intel Core i3-3220(3.3GHz)は2コア4スレッドなので、正直いってあまり変更する必要はないが、他のタイトルをプレイも考えるのであれば、Core i5へのアップグレードを考えるとよい。それよりも、増やしておきたいのはメモリだ。4GBでもプレイに問題はないが、多くて困るものでもないし、メモリの価格がこなれていることを考えると、最低でも8GBに。メモリ16GB化でも+1万1970円なので、思い切って最大容量にするのも吉だ。ゲームアプリケーションの64ビット化は、Windows XPサポート終了以降、増加すると思われるため、先を見据えるならば賢い選択といえる。

ケース内はとてもすっきりしているため、手持ちパーツの流用を考えている場合もアクセスしやすいと感じるハズ

 ストレージはデフォルトではHDD 500GBになっている。SSDが別途選択可能で、システムドライブにもできるため、SSDを選んでおくと起動面でも各種操作でも快適なレスポンスを期待できる。SSDをシステムに選んだ場合は、Windows 7よりはWindows 8モデルをオススメする。OS自体の軽快さもあるが、SSDネイティヴであるWindows 8のほうが管理面で楽になるからだ。といったように、パーツ構成をピンポイントで選べば、初期状態から+3万円前後で大幅な強化が行なえるので覚えておくと、より快適なゲームライフを送れるだろう。

マウスコンピューターの
MHF-G推奨PC購入で特典武器・防具が手に入る!

 購入特典は6種類と豪華で、以下の通り。

  1. 非売品オリジナルインストールディスク
  2. アクシリスイデアI(ガンランス)
  3. フィディシリーズ(剣士・ガンナー共用防具)
  4. テリオグシリーズ(剣士用・ガンナー用)
  5. ポルトランスI【青】(ランス)
  6. 教官見習いネコの差し入れ(回復薬グレート×40、強走薬グレート×20、秘薬×20、ピッケルグレート×40、虫あみグレート×40、閃光玉×40、温冷ドリンク×20、高速砥石×20)

 カプコンの特設サイトには、アイテムの詳細から活用方法が紹介されているので参考にして欲しい。



マウスコンピューター/G-Tune

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ