このページの本文へ

米Google、ペンギンアップデート 2.0 を実施(5/22)

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年05月23日 10時37分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Google、ペンギンアップデート 2.0 を実施(5/22)

米Googleは2013年5月22日(米国時間)、検索エンジンスパムの排除を目的としたアルゴリズムの更新・ペンギンアップデート 2.0 を本格展開したことを発表した。同社マット・カッツ氏によると、すでに完了したとのこと。

米国では全検索クエリのおよそ2.3%に影響がある。言語によってペンギンアップデートの影響範囲は異なり、多くのウェブスパムがある言語ではより大きな影響が出るという。

ペンギンアップデートは2012年4月に初めて導入。大量にリンクだけが羅列されたディレクトリや、過剰な相互リンク、順位上昇目的のリンク購入(有料リンク)などを実施していたサイトの検索順位が大幅に下落していた。

今回のペンギン 2.0 でどのような傾向のサイトが順位下落を示しているかは調査中。


#
傾向がわかりましたら別途記載します

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く