このページの本文へ

iPadやNexus 7やdtabを超活用する機器連携術第3回

Retinaで高精細ライブビュー!? デジカメ×タブレットを試す

2013年05月23日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シンプル操作ゆえにわかりやすい
ソニー「NEX」

ソニーのミラーレス一眼の中ではミドルクラスモデルとなる「NEX-5R」。実売価格は5万4000円前後
ソニーのミラーレス一眼の中ではミドルクラスモデルとなる「NEX-5R」。実売価格は5万4000円前後

 ソニーのミラーレス一眼の中では、最新機種の「NEX-5R」が無線LANに対応している。出荷時状態のNEX-5Rはタブレットを使ってのリモート撮影はできないが、無料で配布されている「スマートリモコン」という専用アプリをカメラにインストールすることでリモートでの撮影に対応する。

Android版「PlayMemories Mobile」のライブビュー画面
Android版「PlayMemories Mobile」のライブビュー画面
左がiPad、右がiPad miniでのライブビュー画面。ちなみに、iOS版はiPad用ではなく、iPhone用で探さないと見つからないので注意

 タブレットおよびスマートフォン用に用意されているアプリは「PlayMemories Mobile」。iOS版Android版ともに無料でダウンロード可能だ。

設定できる項目は少なくシンプル。それでも明るさの調整やセルフタイマーの設定は可能

 機能はいたってシンプル。できることはシャッターを切る動作と画像転送だけだ。一応、露出補正とセルフタイマーの機能も備わっているので、集合写真などでの構図確認には便利だ。

撮影後の転送は自動的にリサイズされてしまう 保存される画像の解像度は1616×1080ドット。オリジナルだと4912×3264ドットなのでかなり小さく、200万画素程度のサイズになってしまう
撮影後の転送は自動的にリサイズされてしまう保存される画像の解像度は1616×1080ドット。オリジナルだと4912×3264ドットなのでかなり小さく、200万画素程度のサイズだ

 画像転送もオリジナルサイズでは転送されず、縮小された画像となる点は要注意。設定可能な機能が少ないのは残念だが、画面確認しながらリモートでシャッターが切れ、動作速度も問題はないので今後の機能拡大に期待したいところだ。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン