このページの本文へ

WPS機能搭載で接続もラクラク

11ac対応、最大867Mbpsの高速通信可能なWi-Fi無線子機

2013年05月22日 16時59分更新

文● 西牧裕太/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Wi-Fi無線子機「WDC-867U3」

 エレコムは5月21日、無線LAN規格「IEEE802.11ac」、USB3.0に対応したWi-Fi無線子機「WDC-867U3」を発売すると発表した。価格は6405円で、6月上旬の発売を予定している。

 WDC-867U3は最新の無線LAN規格、11acに対応したPC用無線子機だ。同じく11acの無線親機と組み合わせれば、理論値で最大867Mbpsの高速通信が可能だという。11n/a/b/gにも対応している。

 また、USB3.0にも対応することで、11acのパフォーマンスを十分に引き出すことができるという。さらに「WPS機能」にも対応しており、WPS機能搭載の親機と接続する場合は、ボタンひとつでセキュリティー機能を含めたWi-Fi接続設定が可能となる。

 対応OSは、Windows XP/Vista/7/8で、サイズは約幅27.2×高さ17.2×奥行87.1mm、重さは約25gだ。なお、Windows XPの場合は、USB2.0のみの接続となる。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース