このページの本文へ

シンプルだけど担うのは大役。こんな商品待っていた!

「ADV-111」でバスパワーUSB機器にスイッチを追加!

2013年05月22日 15時45分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ADV-111

 バスパワーのUSB機器は端子をPCから抜かないと電源が切れない。ON/OFF毎にケーブルを抜いたり差したりしなければならず、面倒に思っている人も多いはずだ。「表裏が分からなくなる」ことに定評のあるUSB端子の抜き差しはとてもストレスフル。

 そんなストレスを解消してくれる商品がアイネックスのUSB電源スイッチアダプター「ADV-111」だ。

 ADV-111はUSB 2.0規格のスイッチ付きアダプター。上部に電源スイッチをそなえ、バスパワー駆動のUSB機器とPCの間に接続することで、ケーブルの抜き差しをせずに機器のON/OFFが切り替えできる。

 機能は電源スイッチのみのシンプルな構造だが、取り入れることでUSB周りの快適さに大きく貢献してくれるだろう。

 カラーはブラックの一色展開。価格はオープンで、実売予想価格は400円前後となっている。6月11日に出荷開始の見込みだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン