このページの本文へ

192kHz/24bit新型D/Aコンバーターを採用、WAV&FLACのギャップレス再生に対応

デノン、4K2K対応の中核AVサラウンドレシーバー「AVR-X4000」

2013年05月17日 23時50分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「AVR-X4000」

 デノンは5月17日、4K2K対応のミドルクラスAVサラウンドレシーバー「AVR-X4000」を発表した。

 本製品は、「AVR-X4000」の新回路「D.D.S.C.-HD」を搭載。192kHz/24bitの新型D/Aコンバーターを採用し、WAV&FLACファイルのギャップレス再生に対応する。また、24ビット精度で再現する「AL 24 Processing Plus」をすべてのチャンネルに装備している。

 不要な振動が画質、音質に与える影響を抑える「ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション」や、幅や高さ方向の音移動を立体的に実現する「DTS-Neo:X9.1 Audyssey DSX Dolby Pro Logic Ⅱz」プロセッサーを備える。

 また、デノンのBlu-rayディスクプレーヤー(DBT-3313UD)と組み合わせて、ジッターの極めて少ないデジタル音声の伝送を行う「Denon Link HD」も搭載する。

 AirPlay、DLNA1.5、インターネットラジオなど、ネットワーク機能も充実。アナログビデオやHDMIのSD、HD映像信号を、3840×2160ドットにまでアップスケーリングするほか、4K映像入力信号のパススルーや、GUIをオーバーレイ表示することも可能だ。

筐体内部
筐体背面

 本体には、HDMI入力端子×7、HDMI出力端子×3、コンポーネントビデオ入力×2、コンポーネントビデオ出力、アナログ映像入力×4、アナログ映像出力×3、アナログ音声入力×6、アナログ音声出力×3、光デジタル入力×2、同軸デジタル入力×2、Phono入力、11.2chプリアウト、ヘッドホン出力、Denon Link HD、Network(Ethernet)、iPod/iPhone/USB端子、FMチューナアンテナなどを備える。

 サイズは、幅434×奥行き167×高さ379mm(端子含む)、質量は12.3kg。価格は15万7500円。6月中旬の販売を予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン